(左から)西川史子、misono、おかずクラブ・ゆいP

「○○に似ているね!」というひと言。よほどの悪意でも抱かれていない限り、たいていがほめ言葉でしょう。しかし、本人がそれをどう受け取るかは別問題です。自分の好みの顔ではなかったり、そもそも、コンプレックスを感じている部分を揶揄(やゆ)されていたら、不快感を覚えるケースも……。

 では、似ていると言われて不快だと感じた芸能人は? 20〜30代の女性200人に、「過去に言われて嫌だった」という思い出を、当時の心境とともに振り返ってもらいました(協力:アイリサーチ/原則としてコメントは原文のママ)。

うれしかった? ショックだった?

【女優、タレント、モデルなど】

「知人から、“笑った顔がmisonoに似てる”と言われたが、家族に言うと、“顔は似てないけど性格が似てる”と言われてショックを受けた」(28歳・神奈川県)

「堀北真希に似ていると言われたが、かなり視力の悪い上司からだったので、まったく説得力がなかった」(33歳・大阪府)

「剛力彩芽。目が細いのを気にしていて、キライな芸能人だったため、かなり傷ついた」(26歳・東京都)

「元AKB48の西野未姫さんに似ていると言われてショックだった。オーバーリアクションなところはともかく、ガサツな女というイメージを植え付けられてるようで嫌だった」(24歳・東京都)

「野呂佳代。個人的に可愛いとは思えないので、悲しかった」(22歳・長崎県)

「リア・ディゾンに似ていると言われてうれしかったけれど、当時、気になっていた人がリア・ディゾンは好みじゃないと言っていたので複雑でした」(28歳・神奈川県)

「女医の西川先生。うれしくもあったが、そのあと“亀に似てる”と付け加えられたことが忘れられない」(34歳・岐阜県)

「永作博美。個人的に可愛くも美人とも思えないし、きつい顔の印象だったからうれしくなかった」(29歳・静岡県)

「佐藤藍子。自分自身薄い顔が好きなので、パーツが大きくて、主張の強い佐藤藍子さんに似てるといわれたときは嫌だと思いました」(32歳・北海道)

 評価が分かれる顔の人は、似ているといわれてもなんだかピンとこない、むしろ「それって悪口では!?」なんて思ってしまう可能性もありそうです。

 美人に似ているといわれて悪い気はしない……かと思いきや、そんなこともなさそうですね。「美人だからいいだろう」と、似ている人をそのまま伝えるのもリスクがありそうだとわかりました。