“可愛い”のコラボ。キティちゃん(左)やシナモロール(右)が銀テを持っているように見える!/著者撮影

「ダメ。完全にナベショ。無理。連れて帰る!」

「えっ、わかるけど大きすぎじゃない?」

 ファンシーショップでサンリオの人気キャラクター“シナモロール”のぬいぐるみを抱きしめ、動けなくなってしまったのはナミさん(仮名・22)。ジャニーズJr.のユニット“Snow Man”のメンバー・渡辺翔太さん(愛称が“ナベショ”)の大ファンだ。

 渡辺さんは自らシナモロールのファンであることを公言し、本人も「シナモロールに似ている」と言われている。

 ナミさんは、渡辺さんの応援うちわにシナモロールのシールを貼ったり、チャームをつけたりして楽しんでいるという。いわく、「可愛いナベショに可愛いシナモロールを合わせたら、もっともっと可愛いから!!」とのこと。

 シナモロールに限らず、同ユニットの深澤辰哉さんは“ふっかちゃん”(埼玉県深谷市のイメージキャラクター)と絡めて見られたり、現在はソロアーティストとして活躍するJin Akanishiさんは“ぐでたま”とコラボし、“Jin×Gudetama”としてオリジナルグッズや世田谷区の三軒茶屋にてカフェを展開している。

 今なぜ、アイドルとキャラクターは“呼び合う”のか?

 キャラクターグッズに特化している株式会社サンリオが発売した“ヲタ活グッズ”に焦点を当て、アイドルと“可愛い”の相乗効果を探ってみた。

あの“キティちゃん”がジャニヲタデビュー!?

ノートには、キティちゃんたちが「ヲタ活を楽しむ様子」が描かれている/著者撮影

 双眼鏡を片手に頬を赤らめ、寝転んでアイドル誌に見入る。かたわらにはペンライトにファンレター、応援うちわ……。“ジャニヲタ”そのもののライフスタイルを見せてくれるのは、誰あろう、あのキティちゃんだ――。

 2019年5月15日、サンリオは「エンジョイアイドルシリーズ」として、“ヲタ活グッズ”の発売に乗り出した。商品には、キティちゃんをはじめポムポムプリン、シナモロールといった人気キャラが“ヲタ活”する様子が描かれ、ラインナップはうちわケース、銀テホルダー、A4クリアファイルホルダー、チケットホルダー、会報ファイル、記録ノート、スケジュールシールの全7種。

 ネットを介して前評判も高かった同シリーズは、たちまち完売。“ヲタニーズ”の高さを証明してみせた。「自担グッズ以外には財布のヒモが固い」とされるジャニヲタを見事にたらしこんだ手腕は、なかなかのものと言わざるをえない。

 この“成功”には、同社とアイドルの“深い縁”も見てとれる。

※品切れしていた一部「エンジョイアイドルシリーズ」は、7月13日に再入荷予定とのこと。