上段左から、ジェジュン、山田涼介、石川さゆり、五木ひろし、下段はももいろクローバーZ

 NHKが毎週火曜夜に放送する音楽番組『うたコン』。

 NHKホールをはじめとした公開生放送で、演歌・歌謡曲の歌手からアイドル、J-POPアーティストなど、幅広い出演者が毎週番組を彩る。

演歌の大御所からアイドルまで

「放送枠としては、もともと高年齢層をターゲットに、演歌・歌謡曲の歌手を中心とした公開生放送の長寿人気番組『NHK歌謡コンサート』を引き継いでいます。NHK全体の編成見直しのひとつとして、J-POP系の歌手・アーティストが出演する『MUSIC JAPAN』と統合したかたちでスタートした番組です」

 と、あるテレビ関係者は言う。

 系統の異なる2つの歌番組が統合されたことで、番組の雰囲気も変わり、新たなものが誕生。あるテレビ誌記者は言う。

2番組のミックスではありますが、ベースはどちらかといえば『歌謡コンサート』。演歌・歌謡曲系の大御所が毎回メインを務め、そこにアイドルやJ-POP歌手がからむような構成になっています。若手アイドルが演歌歌手や大物アーティストのバックで踊ったり、旗を振るなどして盛り上げます。また、出演歌手同士のコラボやデュエット、名曲カバーなどもあり、基本的に最新曲や代表曲を歌う歌番組とは違った雰囲気がありますね」

 五木ひろしや堀内孝雄、石川さゆりに氷川きよしといった演歌の大物から、山内惠介に純烈、丘みどりといった気鋭の歌手。さらにコブクロや森山直太朗、DA PUMP、ジェジュンらも出演すれば、ジャニーズからもKinKi KidsやV6、Kis-My-Ft2にKing & Princeなど豪華な顔ぶれも。女性アイドルも、48グループや坂道シリーズ、ハロー!プロジェクトにももクロなどが週替わりで出演している。