日本随一のエリート輩出校である東京大学。しかし昨今では、そんな東大を蹴って海外のトップ校を目指すツワモノもいる。

 東京大学を中退し合格率4・5%の超難関校、ハーバード大学へ進学した高島崚輔さん(21)。名門・灘高校を卒業後、'15年に東京大学文科1類に合格、進学を決めた直後にハーバード大学にも合格。同年秋に東大を中退しハーバード大学へ。現在、休学を経て3年生となった。

ハーバード以外は受からなかった

 環境やエネルギー政策に興味を持っていた高島さん。

「高校2年のとき、ハーバードに進学していた先輩から“高島は海外大学に向いていると思う”と言われて初めて興味を持ちました」

 先輩の強いすすめを受け翌月、ボストン近郊のハーバード大学に見学へ。

 日本の大学は、受験の際に学部を決めて、その専攻を中心に学ぶことが一般的だが、アメリカの大学は半年ごとに授業を選択し、幅広い角度から興味を深められる。このような教育システムにも惹かれて受験を決めた。

 出願に必要となるのは、ハーバード大学の場合、高校の成績と高校の先生の推薦状、SATという適性試験とTOEFLのスコア、それからエッセイだ。

1年半休学し、世界中の自然エネルギーを視察。写真はオランダにて

「最も難しいのがエッセイで、“あなたの失敗経験と、そこからの学びを教えてください”などの設問があり、エピソードを交えながら英語で答えます。これで何を判断しているのかというと、“どんな人物で、校風に合っているか”。高校までの成績がよくても、“うちの大学には合っていない”と判断されれば不合格になります」

 アメリカの名門イェール大学とプリンストン大学も受験したが、合格したのはハーバード大学のみだったそう。

「海外の大学は特に個性が強いので、大学を訪れたり学生に会ったりして校風が自分に合っているか確かめるのは大事だと思います」