6月21日の午後2時、赤坂御用地内の『赤坂東邸』で、北欧への公式訪問にあたっての記者会見に臨まれた秋篠宮ご夫妻。

「皇室では、『令和』に入ってから初めての外国公式訪問です。ご夫妻は、6月27日から約10日間の日程で、ポーランドとフィンランドに公式訪問されます。

 記者から、訪問国への印象と抱負を聞かれると“友好親善関係の促進に役立つことができれば、幸いに思います”と、述べられました」(皇室担当記者)

 その後、昨年2月から延期されている長女・眞子さまと小室圭さんの結婚の見通しについての質問に対しては、次のようなお答えを……。

「娘から話を聞いていませんので、どのように今なっているのか、考えているのか、私はわかりません」

 紀子さまに同様の質問が向けられると、

「同じでございます」

 と、回答された。

6月21日の会見で、女性皇族と男性皇族に求められる役割について「基本的に同じと考えている」と述べられた殿下

 ちなみに、昨年11月に行われた、お誕生日にあたっての会見で秋篠宮さまは、

《それ相応の対応というのは大事ですし、(中略)やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約にあたる『納采の儀』というのを行うことはできません》

 と、苦言を呈された。今回の会見では、このときのご発言を踏まえて、記者からの関連質問の中で、「それ相応の対応が、この半年余りの間に進んだのか」と問われた秋篠宮さまは、

「おそらく、何かをしているのではないかというふうに思いますけれども、そのことについて、どのようなことを、具体的なことなどについては、私は存じません」

 と、小室さんの動向をほとんど把握していないことも明らかにされたのだった。

 宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんに、今回の会見についての感想を聞いた。

「秋篠宮殿下は、昨年のお誕生日の記者会見でおっしゃった、問題をクリアし、多くの人が喜んでくれる状況を作るための小室さんの対応を待っておられるのでしょう。

 殿下は昨年の記者会見でお考えを示されましたが、それ以降、状況は変わっていないようですから、今回は特に話すことはなかったのでしょう

 秋篠宮さまが求めている“それ相応の対応”とは、'17年12月に本誌がスクープした小室さんの母親・佳代さんが元婚約者との間に抱えている“借金トラブル”への対応にほかならない。

「400万円超の金銭トラブルが発覚後、秋篠宮ご夫妻は何度も小室さんとの話し合いに臨み、“あのお金は贈与です”と主張する彼に対して“国民に説明を”と求めるも、彼はいっさい、行動を起こしませんでした。

 さらに、結婚延期が発表されてから半年後の昨年8月、小室さんは国際弁護士の資格を取得するため、3年間のアメリカ留学に旅立ってしまったのです。

 殿下が求められたことをしないまま、アメリカに発った小室さんに、ご夫妻はそうとうな不信感を募らせてしまったのです」(秋篠宮家関係者)

 一方で、小室さんがトラブルとなっているお金を“贈与”だと頑なに主張する理由として、“証拠音声”の存在が一部で報じられた。

「佳代さんと元婚約者が婚約を解消した後の'13年秋、小室さんを加えた3人で、金銭トラブルに関する話し合いが行われたそうです。