THE ALFEE(左から桜井賢、坂崎幸之助、高見沢俊彦)撮影/佐藤靖彦

 今年8月にデビュー45周年を迎えるTHE ALFEE。同期はアメリカのロックバンドKISS、1年先輩には映画『ボヘミアン・ラプソディ』のQUEEN。日本のミュージシャンとして初めて10万人規模のコンサートを開催し、ライブを連日行う際の“〇DAYS”という言葉を使い始めたのもALFEEから。東京国際フォーラムや東京ドームなどのこけら落とし公演を行ったのも3人。まさに日本が誇る“レジェンドバンド”だ。音楽を愛し、昭和・平成・令和と第一線を走り続ける3人に、45周年を迎える心境を聞くと──。

日本のバンドとしては最多
2700公演を達成!

高見沢俊彦(以下、高見沢)「昭和、平成、令和と3つの時代にわたって休まずツアーをやっているのは、バンドでは僕らだけですからね。平成最後は(群馬県)桐生市の市民文化会館で、令和の最初は(岡山県)倉敷市民会館。元号が変わる中でツアーをできたというのはツアーバンドの真骨頂というか」

坂崎幸之助(以下、坂崎)「平成の31年間は毎年、休みなく春と秋にツアーをやり続けてきました」

──昨年10月に東京国際フォーラムで行われたコンサートで日本のバンドとしては最多の2700公演を達成! 現在も記録を更新しているが、デビュー当時に今の姿を想像していたのか?

高見沢「まったく、想像だにしていないですよ。3人とも(大)学生だったし」

坂崎「高見沢は8年行ったから『メリーアン』のころは“学割でツアーに行ってた”ってネタにしてたね(笑)」

──実は、THE ALFEEを国民的アーティストへ押し上げた『メリーアン』がヒットするまでに9年という時間がかかった。

高見沢デビューからほぼ挫折の連続でしたけど、かまやつ(ひろし)さんや研ナオコさんのバックバンドで勉強させてもらいましたね。おふたりには本当に感謝しております

坂崎「まぁ、どん底とはいっても若かったし、そんなに大変ではなかったです。ライブハウスから、小ホールへ。『メリーアン』は地道なライブ活動のうえでのヒットでしたからね」

桜井賢(以下、櫻井)「時間がかかったぶん、売れても性格は変わりませんでしたね。でも、デビューでいきなりドカンと売れてたら変わるかも?(笑)」

高見沢「変わった人、何人も見てますからね(笑)」

坂崎「ヒット曲が出たことで認知度は上がりましたね」

高見沢「当時は歌番組が多かったからな」

桜井道を歩いて、人とすれ違うとたいてい“メリアン~♪”って歌ってましたね(笑)

高見沢「怒濤の’80年代でしたよ。レコーディングして、ツアーをやって、テレビに出て、ほぼその繰り返しでしたね」

坂崎「多いときで年間に120~130公演やってましたから(現在は、年間約60公演)」

高見沢「僕らはずっとツアーだったので『ザ・ベストテン』や『ザ・トップテン』などは、スタジオに行かず、ほぼコンサート会場からの中継でしたね」

坂崎「毎週、ラジオの生で、深夜放送のレギュラーもやってましたね」

高見沢「でも、どんなに遅くなっても、酒だけは桜井は飲んでたよね(笑)」

桜井「それは、いらない情報だな(笑)」