定額で気軽に物やサービスを“利用”できる「サブスクリプション」。映像・音楽配信だけでなく、家電にコスメ、ラーメンまで、いまやあらゆる業界に広がっているサブスク。人はサブスクだけで生きられるのか? 週刊女性が独自に検証してみた!

挑戦したのは……
A子 ◎都内に勤める30代OL。実家を出ておひとりさまに初挑戦。趣味は食べ歩き

ライフスタイル編

 まずは住まい探しから。首都圏などの一般的な賃貸物件の場合は、敷金や礼金を払って契約するケースが多く、初期費用がかさむもの。でも、もっと気軽に引っ越したい! そんな希望を叶えてくれるのが、住居型サブスクサービス。

 都内を中心に約300物件を展開する『クロスハウス』は、月額料金は部屋のタイプによってさまざまだが、管理物件間の移動が無料。初期費用としてシェアハウスは3万円、家具つきアパートメントの場合は5万円を支払えば、どこでも引っ越しがし放題なのだ。

「もっと手軽に引っ越しができるようにと'07年にサービスを開始しました。地方から上京する方や海外から日本へ来た方に多く利用いただいております。首都圏などでは、一般的な賃貸の場合、引っ越し初期にかかる費用は家賃の5か月分といわれますが、当サービスは保証人や保証会社が不要なので、初期費用を安く抑えることができます」

『クロスハウス』の家具・家電付きアパートメントの内装例

 と教えてくれたのは、事業推進課の村山美和さん。全室に家具・家電がついているので、キャリーバッグひとつで楽々、引っ越しができるのはありがたい。入居の手続きはすべてネット上ですませることができるので、何度も不動産屋に行かずにすむのも手軽。

 同じように全国の物件が住み放題の『ADDress』(アドレス)は、空き家や別荘を活用することでコストを抑えながら改修し、快適な空間を提供している。共有の家具や光熱費など含め、月額4万円から利用でき、神奈川県鎌倉、静岡県南伊豆など首都圏から数時間でアクセスできる物件が多いため、週末別荘がわりにも利用可能だ。

『クロスハウス』や『アドレス』は家具・家電がそろっているが、『subsclife』(サブスクライフ)を利用すれば、500円からの月額制でおしゃれかつ機能性に優れた家具・家電を利用可能。引っ越しのたびに処分したり新たに購入するのは大変。これなら結婚したり子どもができたりといったライフスタイルの変化に合わせて、そのときに必要な家具・家電を選ぶことができるのだ。

 キャリーバッグひとつで無事引っ越しがすんだものの、部屋を見渡してみるとなんだか殺風景……。

 そこで、絵画のサブスク『Casie』(カシエ)を利用。作品に関係なく絵のサイズで料金プランが分かれていて、0号サイズなら月額1980円、月額5300円のプレミアムプランなら、最大50号の絵画をレンタルできる。