自身が経営、母・文子さんが働く東京・世田谷のバー『YABEKE』にて

 親の離婚で子どもの環境は激変する。はたして、子どもはどんな気持ちでそれに向き合っているのか。

 子どもの側の視点で語ってくれたのは女優でタレントの矢部みほだ。テレビ番組『アウト×デラックス』では共演もしている母親の文子さんは4回の離婚を経験している。しかも、2人の男性と2度ずつ結婚と離婚を繰り返しており、矢部は「子ども心に、もういい加減にしてよ〜と思いましたね」と苦笑する。

“浮気父”と“暴力父”

 矢部の実の父親は地方競馬の騎手だった。北海道の競馬場で長女の矢部、2人の妹と弟の6人で暮らしていたが、矢部が小学校低学年のころ、両親は最初の離婚をした。

「夫婦仲は悪くなかったんですよ。ただ、父がケガをして馬に乗れなくなって。保険会社に勤めたけど、家にお金を入れずに、外で浮気をしていた。

 ある日突然、どっちについて行くのか決めなさいって言われて。“嫌だ、嫌だ”と、すごく泣きましたね。ただ、その後、『びっくりドンキー』でハンバーグを食べさせてもらってすぐご機嫌になったので、幼かったし、言うほどわかってなかった(笑)。

 パパっ子だった次女だけが父について行ったけど、借金取りがしょっちゅう来たり、そちらのほうがすさまじい体験をしたみたいですよ。一時期、父がラブホテルで住み込みの仕事をしていたので、妹もラブホから小学校に通っていたと聞いて、ビックリしましたもん

 2〜3年後、「子どもたちのために」と両親はヨリを戻したが、父の生活態度はまったく変わらない。まもなく再び離婚した。

 母の文子さんはスナックを経営して生活を支えたが、矢部が中学1年のとき、客のひとりだった建築業の男性と恋に落ち3回目の結婚をする。

 ところが、2人目の父はひどいやきもち焼きで独占欲が強い。ささいな理由で妻を殴るなど、とても暴力的な人だった─。

「私は新しいお父さんになじもうとして頑張ったけど、蹴られたことがあります。痛くてめっちゃ泣きましたよ。私は平気でしたが蹴った父親のほうは足の骨が折れて、バチが当たったんだと思いました。お母さんが私たちをかわいがることも許さないので、母とのコミュニケーションが圧倒的に不足して、すごく寂しかったですね」

 実はそのころ、矢部は中学校で激しいイジメを受けていた。矢部自身はその理由を「性格が暗くて人見知りだったから」と説明する。だが、継父の暴力から逃げて母子で家出をしたり、実父のもとに半年間、身を寄せて学校をかわったりした。そのため、勉強が追いつかず、なかなか学校に居場所を見つけられなかったことが背景にあったのは想像に難くない。