「恋って難しいですよね」

 酸いも甘いも経験して、大人になる。なんだか“大人の恋”という言葉がぴったりな稲垣に、昔と今の恋愛観の違いを聞いてみた。

稲垣吾郎 撮影/森田晃博

「勢いだけではいけなくなってくるところかな。失いたくないものができたり、怖がりな部分とか、そういったところが出てくるじゃないですか。そこまで熱情的になれなくなってしまうのが大人だと思うんです。

 若いときの恋愛というのは、パッと光って消えてしまう流れ星のようなもの。そうだ、大人になると、臆病になるのかも。でもそれも必要だと思うんです。あまり大胆すぎるのも、大人らしくないですしね(笑)

 “恋って難しいですよね”と、言葉を続ける。

「すごく守りに入って、保守的で安定して、刺激のない穏やかな“凪”もときには必要かもしれないけど、嵐も欲しいよね、恋愛っていうのは。ドキドキとかトキメキはいつだって欲しいです。男女の問題は難しいな……(笑)。でも大人になっても恋というものをしていたい。僕は、そう思いますね

 “魅力的な女性”ってどんな人?

明るさと強さと優しさ。当たり前ですが、それを持っている女性に惹かれます。あと、生きてることがすごく楽しそうな人って、自分も楽しくなれる気がして魅力的ですね。僕はあんまりそういうタイプには見られなくて。(そんなことはないと伝えると)本当ですか? そう言っていただけると、すごくうれしいです(笑)」

京都公演には草なぎ、香取も来場!

「緊張したし、なんだか恥ずかしかったです(笑)。結構、お客さんってステージから見えるんですよ。終わったあとに歌を褒めてもらえたのが、うれしかったですね。これまで歌はたくさん歌ってきたけど、こうやってお互いの歌のことを話す機会はなかったので。何よりもふたりが喜んでくれた姿が、印象的でした」

『君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~』
『君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~』
8月30日(金)~9月23日(月・祝)日本青年館ホールにて
出演:稲垣吾郎/安寿ミラ、北村岳子、中島亜梨沙
http://kiminokagayakuyoruni.com/

 たっぷりの歌とダンスで彩る“オトナの恋”を描いたミュージカルで、「1幕と2幕の間にショータイムがあり、曲が増えたり楽曲・衣裳も変わったりと、初めて観る方はもちろん、京都公演に来てくださった方にも楽しんでいただけると思います」(稲垣)