(c)フジテレビ
すべての写真を見る

深田さんは(身体のラインが出る)泥棒スーツを着るとき“恥ずかしい!”と言い続けています(笑)。華と和馬の“ロミジュリ”感の場面も最初は恥ずかしがっていたけれど、最近は楽しんでいるようです。深田さんにとっての“恥ずかしい!”ことは、イコール深田さんの魅力をどんどん引き出すことになるんです(笑)。恥ずかしさと戦いながらの深田さんの華をぜひお楽しみください」

ギリギリカッコいい“泥棒スーツ”

 華が図書館司書の昼の顔と、泥棒の夜の顔がまるで違って見えるようなメリハリ、痛快さに加えて大切にしているものがあるそう。

“ギリギリ感”です。B級感があったり、ふざけすぎていたりするけれど“ギリギリ”のところで品やカッコよさを保つ。円城寺の場面なども、プロダンサーの大貫さんでなかったらすべってしまうシーンです」

 Lの一族の“泥棒スーツ”もそのひとつ。

「衣装デザイナーの柘植伊佐夫さんには、それぞれのイメージカラーを反映しつつ戦隊ものにならない絶妙なラインをお願いしました。結果、とても素敵なデザインにしていただきました」

(c)フジテレビ

 深田と7年ぶりに共演する瀬戸は、役作りのため体形をビルドアップ。

「瀬戸さんは女装する役ができるほど細いので、今回は警察官ということもありオファー時にビルドアップをお願いしたんですが、1か月後くらいに初めてお会いしたらすでにカッチカチに(笑)。

 すぐに肉体改造を始めてくれたそうです。