泥棒一家の娘、華が恋したのは、警察一家の和馬 (c)フジテレビ

 泥棒一家の娘と警察官一家の息子との禁断の恋を描いたコメディー、ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系・木曜夜10時〜)に主演する深田恭子の“泥棒スーツ”にも注目が集まる同作品。そのこだわりを、プロデューサーが激白!

女性にウケた“ロミジュリ感” 

 泥棒一家の娘と警察一家の息子との禁断の恋を描いたラブコメディー。原作は、横関大の同名小説。

 主演の深田恭子は、悪党しか狙わない泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華を演じる。華に結婚を申し込んでいる桜庭和馬を演じるのは瀬戸康史。和馬は泥棒逮捕専門の捜査三課の刑事で、桜庭家は代々警察官の家系。

 華は泥棒と警察官の禁じられた恋に思い悩み、泥棒稼業と無縁に生きたいと願っている。だが、Lの一族を逮捕しようと奔走する和馬が悪党に襲われ、窮地に陥いると、彼を助けるため、父(渡部篤郎)や母(小沢真珠)とともに泥棒に手を染めてしまう。

「脚本家の徳永友一さん、武内英樹監督、僕と3人のおじさんがキャッキャ言いながら作っています(笑)。おじさんによる、おじさんのためのドラマになってないか……女性が見てくれなかったらどうしようと心配していたんですが、たくさんの女性視聴者が見てくださっていて、うれしいです

 と、稲葉直人プロデューサー。昨今のドラマの潮流と一線を画した作品を、との思いで制作しているという今作には、Lの一族が泥棒スーツを着る、毎回盗みに入るといったオリジナルが盛り込まれている。

「小説を読む前、原作のタイトルや帯に書かれた文言を見たときに勝手にイメージしてしまった要素です(笑)。原作にもある禁断の恋『ロミオとジュリエット』の“ロミジュリ感”を強めつつ、オリジナルキャラで華の幼なじみの円城寺(大貫勇輔)を投入しています」(稲葉P、以下同)

 突如現れる円城寺が歌って踊って、ミュージカルの世界へといざなうのも今作ならでは。第3話(7月25日放送)からは和馬の見合い相手の橋元エミリ(岸井ゆきの)が登場し、華の恋敵に、円城寺は和馬の恋敵になるのもオリジナルだ。

 ふだんは控えめな女性だが、悪党にはにらみつけて“あんたが犯した罪、悔い改めな”と、ドSっぷりを発揮する華役のオファーを深田が快諾したときは、ガッツポーズしたという。