1987年、現役横綱の廃業会見をした双羽黒。この髷を結ったのが床蜂さんだった(写真/共同通信)

 去る7月の大相撲・名古屋場所千秋楽、横綱白鵬が感謝の花束を贈った人がいる。床山の床蜂(とこはち)さん。白鵬が2004年に十両に昇進して以来ずっと、その髷(まげ)を結ってきて、名古屋場所を最後に定年を迎えた。

 そもそも「床山」とは、大相撲の力士の誇りともいうべき髷を結う人。相撲協会に採用され、相撲部屋にそれぞれ所属する。力士と同様に地位があり、5等~1等、さらに最高位の特等まであって、全員が名前を「床~」と名乗る。常時50名ほどが在籍し、土俵に上がることはない、相撲界を支える陰の職人集団だ。

 その最高位、特等床山だった床蜂(とこはち)さんこと、加藤章さんは1954年8月17日生まれ。正式に定年退職の日を迎えられたことで今回、特別にお話を伺うことができた。

  ◇   ◇   ◇  

床山の憧れの舞台で震えた手足

 特等床山の床蜂さんは横綱白鵬が十両に昇進した2004年初場所以来、15年間ずっとその髪を結ってきた。その間、白鵬は42回の優勝を誇り、床蜂さんは最も多く優勝力士の髷を結う床山となった。

「支度部屋の一番奥、あそこで優勝力士の頭をやるというのは床山のひとつの憧れだけど、自分がまさかああいうところでやるとは思ってなかった。北の湖さんにも『オレの頭やるか?』と優勝を前に声をかけてもらったことがあるんだけど、『あんなところでやったら緊張しますから』って断ってたんで。だから白鵬が最初に優勝したときは手も足も震えてものすごい緊張をしましたが、ふと目の前にあるテレビを見たら自分が映ってる! それで余計に緊張しました」

 ちなみに白鵬の髪の毛はやわらかくて腰がなく、毛の一本一本がストレート。それでいて左側にクセがあって結うのはとてつもなく大変なんだとか。

「一度、白鵬の髷がおかしいと注意されたことがありました。それで大先輩の床山さんに聞きに行ったら『いやいや、お前は完璧だよ。自分のやり方でやればいいんだ』と言ってもらえて、それからは髪質を見極めてやるようにしています」

 そうやって二人三脚、ずっと一緒にコツコツと42回の優勝を積み重ねてきたんですね、と言うと「白鵬は自分で自分に厳しくできる人。あれだけの素質を持って努力してきたからね」と称賛し、でも、それから驚くことを話してくれた。

「最初のころ、白鵬とはほとんど会話をしなかったんです。あるとき、白鵬がちゃんこ場でメシ食ってるときに、『章さん、オレのことすごい嫌ってる』って若い衆に言ったらしい。ふ~んって、それをまた聞きしたけど、しばらくしたら白鵬から『章さん、自分のこと嫌いでしょう?』と直接聞かれて、『うん』って答えた。それで『いやだったら、いつでもほかの床山さんと代わるから』って言ってね。何と特に理由はないけど、最初は馬が合わなかったんです」

 わわわわわわ! 白鵬ファンの私は話を伺いながら椅子から転げ落ちそうなるほど驚いたが、そうしたものも乗り越えてきた床蜂さんと白鵬の月日と関係性に思いを馳(は)せた。それぞれの立場でトップに立つ者同士におべっかや媚(こび)、嘘偽りなんて通用しない。甘ったれたものが一切ない場で、次第に互いを尊敬し合う、厳しくも真摯な関係が築かれてきたんだろう。このふたりだからつないでこれた絆は、ほかの誰にもわからないものだ。