東京ディズニーランドのパレードの様子 (c)Disney
すべての写真を見る

東京ディズニーランドも負けていない!

 一方、東京ディズニーランドでは、今年も“ゴースト流の東京ディズニーランド”がテーマのハロウィーンを開催。約40分間にわたる「スプーキー“Boo!”パレード」では、ゴースト仕様のコスチュームに身を包んだミッキーマウスとミニーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、奇妙で楽しい祭典を作り上げます。

(写真右上から時計回りに)スパークリングブラックティータピオカドリンク(東京ディズニーシー)、スウィートハート・カフェのスペシャルセット、牛カルビコーン(共に東京ディズニーランド)、スペシャルまん、スペシャルうきわまん(共に東京ディズニーシー)(c)Disney

 パレードでは、スケルトンが運行するウエスタンリバー鉄道や、かぼちゃに乗り移ったゴーストの小動物たちが暮らすクリッターカントリーなど、ハロウィーンならではのフロートが次々と登場。ヒートアップしたディズニーキャラクターたちがゴーストの仲間入りをすると、コスチュームはたちまちゴースト仕様に様変わり! ゴーストたちが仲間の誕生を祝う盛大な祝宴は、最高潮を迎えます。

 今年はミッキーマウスとミニーマウスがより色の引き立った新コスチュームに変身するうえ、パレードには新たなゴーストダンサーも加わり、昨年以上に華やかに。ここでしか味わえない、ゾクゾク、そしてワクワクする時間を堪能できること間違いなしです♪

 また、東京ディズニーランドでも、個性豊かで愉快なデコレーションがパークのいたるところを彩ります。加えて、ゴーストと一緒にハロウィーン風のポーズをとって写真を撮影することができるフォトロケーションが設置されるほか、様々な場所にいる陽気なゴーストたちがゲストをお出迎え。

 夜になると、ワールドバザール内のメインストリートが音と映像で包まれる、ハロウィーン期間限定の演出も実施されるため、昼とは違った一面が楽しめます。

 スペシャルグッズのイチオシは、ゴーストの花嫁風カチューシャ。身につけると、どこか儚げでセクシーな雰囲気をまとえそう。ほかにも、背負うとかわいらしいゴーストのぬいぐるみを連れて歩けば、ウキウキ気分が上がりそうです。

 さらに、ファンタジーランドのアトラクション「ホーンテッドマンション」において、2020年1月5日(日)までの期間、ショーの内容を変更し、映画『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』をモチーフにした「ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”」を実施。ファン必見のスペシャルプログラムを、お見逃しなく。

カチューシャ(東京ディズニーランド) (c)Disney

 異なる魅力がたっぷりの、ふたつのハロウィーン。あなたは、どちらから体験する!?

※ 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでの“ディズニーキャラクターのフル仮装”には制限があります。詳しくは「東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト」内、《仮装に関する特設ページ》をご参照ください。(https://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/halloween2019/dressup/