「酒は飲んでも3杯程度。どちらかというと、女の子と会話するのを楽しみに来ている感じだった。以前はシャツとスラックス姿だったのに、最近はジャージーなど服装がだらしなくなっていた」

 と同店主。

 ちなみに、この店主と女性従業員、店の客6人がサドル盗難に遭っている。

被害者が指し示すのは、盗難防止のためサドルをフレームにくくりつけた結束バンド。「もう、2度とやられないように」と
すべての写真を見る

 生活ぶりも変わっており、

「アパート前の路上で自転車を止める場所にこだわっていて、ほかの自転車が“彼のエリア”に駐輪されていると、それを横に移動させていた。自転車の前カゴには米アニメ映画の人気キャラクター『ミニオン』のぬいぐるみをつけるなど、ちょっと変わっていた」(近くの飲食店男性)

 この店の客が帰ろうとしたとき、乗ってきた自転車のサドルピラー(棒の部分)が何者かによって高く引き上げられていたことも。盗まれそうになったものの、ピラーが錆びついていたため難を逃れた可能性があるという。

 さらに、容疑者宅からは159個のサドルが出てきただけでなく、玄関前の両脇には大量の傘が。紳士傘やビニール傘、花柄や赤色、ピンク色の婦人用まで窓の格子にびっしりかけるなどしており、その数は123本。

 転居後4~5か月ですべて購入したとは考えにくく、どのように調達したのか、近所の住民が「収集癖のある人なのかな」と思うほど尋常でない光景だった。

 狭い部屋に大量のサドルを隠し暮らしにくかったはず。謎のコレクターぶりを発揮するのはかまわないが、今後は合法的に頼みたい。