「郡山市内は被害が大きかったので台風の話題でもちきり。事件は災害関連ニュースの陰で報じられましたが、この夫婦を知る人は、なぜこんな結末になってしまったのか、詳しい背景にすごく関心がある。それくらい仲のよいご夫婦でした」

 と近所の40代女性は話す。

とても社交的な夫だった

 福島県郡山市神明町で10月27日午前3時すぎ、自宅で夫に首を絞められた深谷ヒデさん(88)が死亡する事件があった。自ら110番通報して殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは無職・深谷文幸容疑者(63)。腰などを悪くして約10年前から車イス生活を送るヒデさんを見守り、かいがいしく世話してくれた自慢の夫だった。

「深谷容疑者は“介護に疲れて、寝ている妻の首を絞めて殺した”と犯行を認めている。警察官が駆け付けたとき、ヒデさんは寝室のベッドに横たわり呼びかけにも応じない状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。電気コードを使ったといい、“自分も死のうとしたが死にきれなかった”とも供述しているようだ」

 と地元記者。

 司法解剖で死因は窒息死と判明し、県警郡山署は同28日、容疑を殺人に切り替えて福島地検郡山支部に送検。犯行に至る詳しい経緯などを調べている。

 容疑者宅は築45年の6階建て賃貸マンションの1階。郡山市内は10月13日未明に上陸した台風19号による豪雨で阿武隈川が氾濫するなど甚大な被害を受けたが、高台にある容疑者宅周辺はほぼ無事だったという。

夫婦が住んでいたマンション。取り壊すため来年2月までに退去しなければならなかったが、転居先は決まっていなかった

 同じマンションの女性住人はこう話す。

でも、このマンションは老朽化などを理由に以前から取り壊しが決まっており、来年2月までに退去しなければいけないんです。旦那さん(深谷容疑者)は“うちはまだ転居先が決まっていないんだけれど、少しずつ片付けしているんだ。こんな広い部屋はいらないから、2部屋ぐらいのところにしようと思って”と話していました。自分からいろんな人に話しかけるなど、とても社交的な方ですよ」

 住人や不動産関係者らによると、容疑者宅は2LDKで、家賃は推定月4万~5万円台ではないかという。

 既に転居先が決まっている別の女性住人は、容疑者が「うちは年内には出られないと思う」と話していたことを覚えている。

「ひとりで引っ越しの準備をしなきゃいけないから大変なんだって。大家さんが全住人の転居先を熱心に探してくれているので、見つからないことはないと思うんですが」(同女性)