平日午後6時にもかかわらず、お店の前には長蛇の列。110席あった客席は一瞬で完売!  ここは東京・六本木にあるショー・クラブ『バーレスク東京』。セクシーなダンサーたちがステージを舞う、華々しいパフォーマンスを一目見ようと、連日多くの客でにぎわっている。老若男女が楽しめる本格的なショーを繰り広げる女性たちの人生は壮絶だった──。

 週刊女性ではこのたび、看板娘・ティファニーに密着インタビューを刊行。“ワケあり女”たちが輝くバーレスク東京の魅力と、彼女の半生に迫る!

●PROFILE● ティファニー
 2018年10月にバーレスク東京のキャストに。前職は看護師として皮膚科と婦人科を担当していたという変わり種。父親は日本人、母親はフィリピンと中国のハーフ。SNSでのユニーク&哲学的な発言で話題に。現在、同店の中でも女性人気が高いキャストのひとりとして有名

看護師を辞めて、親に内緒で働き始めた

『マツコ会議』(日テレ系列)では、両親に内緒で勝手に看護師を辞めて、バーレスクで働いていることを暴露しましたけど、マツコさんに“元気で楽しく生きてれば親はうれしい。胸張って生きてるだけでいい”って言ってくれて。本当に涙が出ました。

 テレビに出演する前から両親にはちゃんと言おうっていう葛藤はずっとあったんです。よく考えてみたら、私が何かをやりたいって言ったときに両親は否定をしてこなかったな……と。

バーレスク東京 ティファニーさん 撮影/森田晃博

 サッカーを習わせてほしいとか、看護師目指したいとか。そういうわがままにも“いいんじゃない?”って言ってくれたのに、なんで正直に言えなかったんだろうって。

 看護学校で学んだことに“育ててくれたことへの感謝”があって、それをめっちゃ感じたくせに1年も隠して何コソコソやっているんだろうってずっと悩んでいました。