最高視聴率32.3%を記録し、月曜の夜は街からOLが消えたといわれた大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』。29年ぶりにリメークされた“東ラブ”1991年版のプレーバック!

'91年版あらすじ

 転職で愛媛から上京した完治は、東京で保育士として働くさとみ、医学生の三上と旧交を温めるが、2人が付き合うことになって微妙な関係となる。完治は会社の同僚リカの積極的なアプローチに戸惑いながらも付き合うことになるが、三上との破局で傷心のさとみを慰めるうち、片思いの気持ちが蘇ってしまう。そんな完治の変化に気づいたリカにロス転勤の辞令が。ところがリカは話を突然断って休暇を取り、どこかへ行ってしまう……。

こんな時代でした

 東ラブが放送された1991年(平成3年)は、バブル景気が終焉。SMAPがCDデビューし、宮沢りえのヌード写真集『Santa Fe』がミリオンセールス。相撲界が若貴ブームに沸き、皇室では立太子の礼、Q子さまご誕生と慶事が。日本でも人気のQUEENのフレディ・マーキュリーが45歳で亡くなった。

宮沢りえの写真集発売の新聞広告

ロケ地が“聖地”に

最終回にリカが“カンチ、バイバイ”と書いたハンカチをホームの柵に結びつけ別れるシーンのロケ地となった、愛媛県松山市の梅津寺駅は一躍、有名に。「最終回放送後は、カップルや写真撮影で訪れる方がたくさんいらっしゃいました。海外でも放送されており、今でもハンカチを結ばれるドラマファンの方もいます。また、リカがカンチに伝えた電車の時刻(午後4時48分発)が現在でも残っていることをお客様にご案内すると、うれしそうに(その時間の電車の)写真を撮っていく方もいらっしゃいます」(伊予鉄グループ総務課)

『東京ラブストーリー』の聖地となった愛媛県松山市の梅津寺駅 写真提供/(株)伊予鉄グループ