娘と孫にようやく会える

 当時、船内に入った医療チームの発表では、「死にたい」「飛び降りたい」と不調を訴える客もいたようだが、妻の育子さん(仮名)は振り返る。

「私たちは、精神的にまいったような人は見かけませんでした。でも、“あの人は今日、見ないね。感染したのかな?”という心配はありましたね。後は、PCR検査を待つ期間も、不安は正直、ありました」

船内のPCR検査で、綿棒を突っ込まれる育子さん(右)
【写真】横浜港に停泊していたダイヤモンド・プリンセス号

 

 下船後は2週間の自宅待機となったが。育子さんは、とりわけ1週間が山だと考えていたそう。

「その間、発病しなければ大丈夫だろうと。それを越えて2週間も過ぎて、ようやく安心しました」

 しかし、忠雄さんはさらに2週間が必要だと考えていた。

「用心に用心を重ねてね。それも無事に過ぎて、よかったですよ。このゴールデンウイークに、近場にいる娘と孫にようやく会えるんです」

 そう期待を膨らますが、外出自粛要請が続くなか、さらなる我慢が必要かもしれない。

 さらに、クーポンがあるからというわけではなく、クルーズ旅行もあきらめていない。

「何よりクルーズ船は設備も食事も整っていて楽しいんですよ。大変な目にはあいましたけど、クルーは本当によく働いてくれて私たちを励ましてくれました。だから、もう1度、乗ってみたい気持ちはあります」(忠雄さん)

 再びダイヤモンド・プリンセス号に乗れる日まで、海野さん夫妻は粘り強く、待ち続けるつもりだ。