犯行前に2つのグループLINEから脱退

 中学校を卒業するころ、容疑者一家は父親の転勤で茨城県に引っ越すことに。容疑者が進学したのは、甲子園常連の有名私立高校だった。野球部にこそ入らなかったが、思い入れがあったのかも。

 しかし、そのころから精神のバランスを崩していたようだと、前出の同級生が話す。

「堀は、4年ほど前に、闇サイトや精神的に病んでいる人のツイートに、リツイートや妙な書き込みをしていた。すでに削除されていますが、大丈夫かなと心配でした」

中学校の体育祭での堀容疑者。心臓疾患があった容疑者は競技にはあまり参加できなかったはず(卒業アルバムより)
【写真】堀藍容疑者の近影と中学生時代の写真

 さらには、事件の予兆と思われる出来事も。今年1月、未来さんが警察署にトラブルを相談していたころの話だ。

「そのころ、中学時代の同級生のLINEのグループから彼が突然、脱退したんです。どうしたんだろうと思いました」(同)

 LINEグループは1度に、複数の人たちとやりとりができる機能だが、自分からみなとの交流を絶ったことになる。

 前述のように、未来さんの相談が容疑者によるものかは不明だが、不気味な一致はもうひとつある。

 今回の犯行の2週間ほど前のこと─。

「堀は中学校の野球部のLINEグループからも急に抜けてしまったんです」(前出・野球部仲間)

 犯行を目論んで、堀容疑者は着々と“身辺整理”を行っていたのか。だとすると、激情に任せてというより、半年前からの計画性もうかがえる。

 容疑者は事件前、未来さんのLINEの連絡先を知り、執拗に連絡をとろうとしていたとの情報もある。

 そんなSNSに頼ったアプローチと思い込みの強さに、未来さんが拒否感を示し、堀容疑者から逆恨みを買っていたとしたら、そんな理不尽なことはない……。