記憶を失った世子(王位継承者)の100日間の結婚生活を描くシンデレラ・ラブコメディー『100日の郎君様』。韓国発の大人気グループEXOのD.O.こと、ド・ギョンスは、今作のツンデレ王子役で時代劇に初挑戦した。

どんなストーリー?

 朝廷の陰謀により記憶を失った世子(セジャ)・ユルが、庶民のウォンドゥクとなり出会った女性は、初恋の相手で両班(ヤンバン・貴族)の娘であることを隠して生きるホンシム(イソ)だった。陰謀が起こる前にユルが出した“国中の独身者は結婚しなくてはならない”という命令により、かりそめの夫婦になるふたり。

 容姿端麗で文武両道、「不愉快だ」が口癖の気難しい王子は、庶民の暮らしになじめず“まぬけ”と言われてしまうことも。しかし、徐々に周囲から只者ではないと思われるようになっていくウォンドゥク。それと同時に、かりそめだったふたりの関係も変わっていき……。
 
 10話では、ウォンドゥクとホンシムの距離がぐっと近づいていき、キュンとするシーンが満載。はたして、ふたりはお互いが初恋の相手だと気づくのか? 命を狙われているユル(ウォンドゥク)は、記憶を取り戻し王宮へと戻るのかが今後、描かれていく。

主要人物紹介

『100日の郎君様』 (C)STUDIODRAGONCORPORATION

ウォンドゥク/イ・ユル
容姿端麗、頭脳明晰で武芸に優れているが常に不機嫌な世子(王位継承者)。謀反により記憶を失い、庶民のウォンドゥクとして生きることに。

ホンシム/ユン・イソ
陰謀に巻き込まれ命を狙われたことから、養父のもとで両班(貴族)ではなく庶民として生活。最初は、ウォンドゥクに不満を抱いていたが……。

ムヨン
ホンシム(イソ)の兄で、父親の仇であるチャオンに仕える刺客。妹がユルと一緒にいる姿を見て……。

『100日の郎君様』 (C)STUDIODRAGONCORPORATION

キム・チャオン
16年前、ユルの父とともに謀反を起こした左議政(朝廷の重臣)。世子嬪(世子の正室)にした娘の子を世子にしようと、ユルの命を狙う。

ヨン氏
刺客に襲われ傷を負い、記憶を失ったユルを助けた恩人。ユルをウォンドゥクだと信じさせる。イソをわが子のように育ててきた。