皇室で随一の人気を誇る佳子さまには現在お付き合いされている男性がいると聞いていますしかも、その方との結婚も、視野に入っているそうですよ」(秋篠宮家関係者)

 “佳子さまフィーバー”が起こるほどのプリンセスも、今年で26歳にくしくも、姉の眞子さまが小室圭さんとの婚約内定会見を行われたのも26歳になられる年だった

 結婚適齢期である佳子さまも、皇室から旅立つ日はそう遠くないだろう──。

「7月7日、悠仁さまを除く秋篠宮家の方々は『日本芸術文化振興会』の河村潤子理事長からオンラインでご進講を受けられました。新型コロナウイルスが、日本の文化芸術界に与えた影響と具体的な支援策、今後の新たな取り組みや課題についてのご説明でした。今回の内容は“佳子さまがご関心の強いテーマ”だったので、ご本人も熱心にお話を聞いていらっしゃったようです」(皇室担当記者)

 '17年9月から'18年6月まで、イギリスにあるリーズ大学のパフォーマンス・文化産業学科』に留学されていた佳子さま。

「ダンススタジオが入っている大学公認の劇場施設があり、演劇やダンスなどの舞台芸術やダンスシアターの製作など、実践的なカリキュラムだったそうです。

 また、留学前から都内のダンススクールにも通い、年に2回ほどある発表会にも参加されています。舞台芸術やダンスに興味がおありなので“舞台関連の団体に就職されるのでは?”と噂されており、今回のご進講も“将来の参考”にされたのではないでしょうか」(宮内庁関係者) 

ダンススクールの発表会では猫になりきって“にゃんにゃんポーズ”を('19年10月)

 昨年10月に週刊女性がスクープした、佳子さまが極秘で参加されたダンス大会では“へそ出しルック”でのセクシーダンスや“ネコ耳に尻尾”という衣装で、猫さながらの“にゃんにゃんポーズ”を披露され、会場を沸かせていた

 しかし、'19年3月にICUを卒業されて以降、大学院への進学や、就職もされていない佳子さまについて、周囲からは疑問の声があがっている。