撮影中断を乗り越えて、満を持して登場した『半沢直樹』が初回から視聴率22%と絶好調。8月に入っても続々と新作がスタートするなど、何かと話題の夏ドラマ。過去を振り返ってみても、実は名作がいっぱい。女性読者800人へのアンケートとともに、魅惑の名作夏ドラマを“全身全霊”で徹底解剖!

半沢直樹は青春系
夏ドラマだった!?

 新型コロナに長い梅雨となんだか重苦しい夏のスタートとなってしまったけれど、そんな中、アツーイのが夏ドラマ。放送が延期、または中断されていた話題作が次々と始まり、今、ドラマ界は活気にあふれている。

 その原動力となっているのが7年ぶりに復活した『半沢直樹』だ。堺雅人、香川照之、及川光博らおなじみの面々に加え、新たな敵として市川猿之助、古田新太、パートナーとなった尾上松也らが顔芸爆発の濃い演技合戦を繰り広げる。香川に至っては序盤から“恩返し”などの名ゼリフを連発し、もうハジけまくり。

暑い夏にあえて暑苦しいドラマを、という意味では『半沢直樹』は最高。最後には“倍返しだ!”というカタルシスもありますし、熱くてスッキリというまさに最強の夏ドラマ
 
 と語るのは、ドラマウォッチャーで漫画家のカトリーヌあやこさん。

夏ドラマで多いのは、主に3つのタイプに分類できるんです。“青春系”と“夏休み系”と“恋愛系”。で、『半沢直樹』も実は“努力・友情・勝利”の要素が詰まっていて、ある意味、青春系の夏ドラマなんです」(カトリーヌあやこさん、以下同)
 
 '13年に制作された前作も7月クールの放送。放送開始が春から夏へとズレたおかげで、本来の夏ドラマとしての特色が思う存分、発揮されているというわけだ。

『WATERBOYS』山田孝之、森山未來、瑛太ほか

青春系の代表といえば'03年の『WATERBOYS』。少年漫画的な爽快感のある夏にぴったりのドラマです。同時期に『Stand Up!!』という堤幸彦さん演出のドラマがあって、二宮和也、山下智久、小栗旬、成宮寛貴が脱童貞を目指すっていう(笑)。昔はこういうお色気青春モノが夏の定番だったんです。不器用な男の子の甘酸っぱい青春は夏ドラマの正統派。

 '06年の長瀬智也主演の『マイ・ボス マイ・ヒーロー』も少年漫画的な快作でした。ヤクザの跡取りが高校に転入するというぶっ飛んだ設定で、長瀬くんと手越祐也くんの脱ジャニーズコンビもよかった(笑)。'07年の『花ざかりの君たちへ〜』も、恋と青春とイケメンで最高でした」