『BTS』(防弾少年団)の世界的ヒットを受け、今や韓国を代表する芸能事務所となったBig Hitエンターテインメント。会社を率いるパン・シヒョク代表が総括プロデューサーとして参加した韓国発のアイドルサバイバル番組『I-LAND(アイランド)』が9月18日、最終回を迎えた。

 6月26日にスタートし、日本を含む世界各地で放送・配信されていた本番組。韓国、日本、台湾、ベトナムなどから集まった23人の候補者が、グローバルアイドルとしてのデビューを賭け、113日間、生活をともにしながらダンスと歌のテストに挑戦。最終候補者9名で迎えた最終回では、視聴者投票とプロデューサー陣の選出により7名のデビューメンバーが決定。『ENHYPEN』(エンハイフン)として活動することが発表された。日本出身のニキ(14歳)も見事メンバー入りし、日本のK-POPファンを沸かせた。

 その一方で、有力候補とされていた日本出身のK(ケイ)の脱落が、大きな波紋を呼んでいる。

ヒールに仕立てる“悪魔の編集”

 学生時代はマラソン選手として活躍した元アスリートの22歳で、高身長の細マッチョ&ベビーフェイスというギャップ萌えするルックスが特徴。長い手足を使ったダイナミックなパフォーマンスが武器で、振り付けもこなす実力派だ。最年長メンバーということもあり、10代が多い候補者の間でリーダーシップを発揮。頼りになる兄として慕われていた。

 その実力は精鋭が集まった23名の中でもトップクラスで、数回に及んだパフォーマンスのテストでも上位をキープ。パン代表も、「個人的に期待をしている」と絶賛し、かなりのお気に入りぶりが見て取れた。

『I-LAND』公式ツイッターより

 日本のみならず、ヨーロッパや北アフリカなど海外視聴者からの人気も高く、中心的キャラクターのひとりとして番組をけん引してきたK。しかし、番組後半にあたるパート2(8月14日~)の放送から、突如雲行きが変わり始めたのだ。

「彼に対する“悪魔の編集”が始まったんです。これは韓国のリアルバラエティーでよくある手法で、編集によって特定人物をヒール(悪役)や、トラブルメーカーに仕立てるんです。視聴者が飽きないようドラマ性を加味するためですね。過去、同様のアイドルサバイバル番組で編集のターゲットになった子は、視聴者からもれなくバッシングを受け、うつ病を発症する子もいました」(韓国在住のライター)

 今回のKの場合、顔をしかめるといった表情が別のシーンに差し込まれ、ほかの候補者に嫌悪を示すような印象操作が繰り返し登場。また、チームを組み、テスト練習に励むくだりでは、熱すぎるリーダーシップがゆえに、Kとメンバーとの間に溝ができてしまう様子が赤裸々に描かれた。

「その後、互いに心情を打ち明ける場面も放送されましたが、終始、Kの言動に全ての非があるかのように編集されていて、彼のイメージを悪くしてしまいました」(Kの日本人ファン)

 このタイミングを見逃さなかったのが、“アンチ”と呼ばれる韓国の過激なファンだった。