テレビを見ていて「ん? 今、なんかモヤモヤした……」と思うことはないだろうか。“ながら見”してたら流せてしまうが、ふと、その部分だけを引っ張り出してみると、女に対してものすごく無神経な言動だったり、「これはいかがなものか!」と思うことだったり。あるいは「気にするべきはそこじゃないよね〜」とツッコミを入れたくなるような案件も。これを「オンナアラート」と呼ぶことにする。(コラムニスト・吉田潮)

 夏を過ぎると、各テレビ局の新人アナウンサーがちらほらとお披露目される。「初鳴き」と言われるそうだ。4月に入社し、厳しい研修期間を経て、朝の番組や特番などで地上波デビュー。

 なかには、番組内で新人アナに密着したコーナーをつくる過保護な局も。「新人さんはいいわね」と初々しさを愛でる……と思ったら大間違い。世間は(私も)アナウンサーに対して、とても厳しい。

「ニュースを読む」だけが仕事ではない

 漢字をちょっとでも読み間違おうものなら、その後のアナウンサー人生でずーっとずーっと言われ続ける。言動が軽薄だと茶の間から嫌われ、真面目すぎても認識されず、「局の顔、あるいは番組の顔」として認知されるまでには、相当の時間がかかる。

 ニュースを読めればいい存在ではなく、その場を秒単位で取り仕切る、あるいは大物芸能人や面倒くさい文化人のキツイ物言いを丸めたり、気持ちよく接待して掌で転がす。とはいえ、局の看板を背負っているので、自分の意見や見解は抑えなければいけない。限りなく透明に近い存在の割に、顔も知られているので、プライベートでもはっちゃけられず。テレビ局のアナウンサーって、心臓が剛毛で胃に穴があく過酷な職業だなと思っちゃう。

注目を集めるTBSの新人アナウンサーの野村彩也子アナ。父親は狂言師の野村萬斎(インスタより)

 個人的には新人アナの初鳴きには、さほど興味がない。みんな同じ顔に見えるのよ。

 男は爽やかな体育会系か、舌先三寸の2.5枚目系。女はゆるふわ癒し系か、くっきりはっきり美人系。地頭もお育ちもよくて、突出した個性は出すことなく、それなりに品行方正の20年強を生きてきた良家の子女のみなさんだもの。

 芸能界やら政界やら梨園やら文学界の親戚筋として「人身御供」的な採用も匂う。勝ち組エリートの血筋と出自に、ありあまるというか、あふれ出す自信が、とても、まぶしい……。