法廷で睨みつけられる

 10月14日午後1時半、千葉地裁802号法廷では、才津被告の初公判が開かれた。

 黒いパーカーを羽織った才津被告は、ジャージパンツから下着がはみ出た状態で出廷した。右手親指と目尻には、小さなタトゥーを入れている。

 証言台に立って起訴事実について問われると、

「(間違い)ないです」

 と小声で認めた。

 検察側は論告で「不安な日々を送る被害者に理不尽なメッセージを送りつけた」などと指摘し、懲役6月を求刑した。

 最後に才津被告は「父親として情け無い。被害者の気持ちが身に沁みて分かった。当たり前ですが、被害者には二度と関わらない」などと謝罪し、結審した。

 公判終了後、傍聴席を立った私は後ろを振り返ると、黄色いスカートを履いた、陰鬱な雰囲気をまとった中年女性が、私のほうをじっと睨みつけてきた。そのまま無視して退廷したが、あの不気味な細い目が、いつまでも脳裏に焼き付いて離れなかった。

 同日にアップされた「怨霊の憑依」のブログをのぞいてみると、匿名のコメントで「才津さんの件」と題する投稿があった。

〈傍聴しました。M谷氏らしき人は、被告人スケッチもしていました。終了後、傍聴人2人と挨拶を交わしていました〉

 投稿時間をみると、同日午後2時35分。公判終了直後に書き込んでおり、その内容から、私の後ろに座っていた、あの中年女性と同一人物とみられる。

 私を睨み付けるということは、「野上信者」の1人なのだろうか。

 奇しくもこの翌15日、野上の逮捕が報じられた。1年間にわたって誹謗中傷を受け続けてきたとも子さんは、ホッとした様子でこう語った。

「あのブログは、すべての誹謗中傷の大本。あることないこと、ひどいことを書かれた。私だけではなく、家族や支援者も誹謗中傷され、本当に苦しかったので、逮捕されて安心している。今後、この件に関して余計な心配や時間を使う必要がなくなり、美咲の捜索に専念できます」

野上のブログ『怨霊の憑依』では小倉とも子さんや無関係な人を犯人と特定し、誹謗中傷を続けていた
【写真】記者を地下室に招き「小倉とも子が犯人」と主張する野上幸雄

 一方、ブログには、「霊媒師」こと野上へのコメントが相次いだ。

〈心が苦しいです。霊媒師様を静かに待ちます。日本の警察は信用できると信じたいです〉

〈霊媒師は、このまま終わる人ではありません。─中略─あれほど正義感が強く生命力に溢れた人を他に知りません〉

〈マスコミは信じられない。警察も。日本はどうなるのか。怒りしかない〉

 野上が逮捕されても尚、一部の間で野上への「信仰心」は続いているようで、SNS世界の恐ろしいまでの現実が垣間見えた。

 野上の裁判を傍聴する際、私はボディガードをつけていった方が良いのだろうか。

(取材・文/水谷竹秀)

PROFILE●水谷竹秀●ノンフィクションライター。1975年三重県生まれ。上智大学外国語学部卒業。カメラマンや新聞記者を経てフリーに。2011年『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』で第9回開高健ノンフィクション賞受賞。近著に『だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人』(集英社文庫)など。

●情報提供のお願い
「美咲に似ている子を見かけたなど、些細なことでも情報を求めています!」(とも子さん)
【情報提供先】大月警察暑 TEL:0554-22-0110情報提供はHP(https://misakiogura.com/)