「怒った姿なんて1度も見たことがない」という声も

 実は容疑者の体罰という名の「暴力」は、これが初めてではない。前任校で生徒に頭突きをくらわすなど計3回の処分を受けていたのだ。

 また、事件の1か月前には怒りをコントロールする指導者研修を受けたばかり。日ごろから暴力的な問題教員だったことは想像がつくが……。

「いや、とても優しい数学の先生ですよ。怒った姿なんて1度も見たことがない」

 と現役の2年生男子。別の2年生男子も、

「口数が少なくて冗談も言わんけど優しくて、教え方がうまい。ボクの中ではNo.1のいい先生。あんなことをしたなんて、信じられへん」

 と驚いたようす。元教え子もこう証言する。

「すごくソフト。授業中、寝ている生徒がいても、優しく起こして“頑張ろう”と言ってくれる。わからないところがあれば、放課後に自分の時間を削って、理解できるまで丁寧に教えてくれました」

柔道着姿の上野容疑者
すべての写真を見る

 容疑者は約8年前、西宮市郊外の見晴らしがいい高級住宅街に引っ越してきていた。

「えっ、あの事件は上野さんのこと? 奥さんも働いているようで、子どもさんはいないかと。旦那さんは無口で、近所付き合いはまったくないですね」(近所の住民)

 部活とそれ以外のギャップが激しすぎるようだが……。

 新潟青陵大学大学院の碓井真史教授(犯罪心理学)は、

「授業は優しく丁寧に、柔道は厳しくと容疑者が思い込んでいた可能性もあります」

 と指摘しながら、次のように解説する。

「普段はおとなしいが、車を運転すると荒々しくなる人がいます。ただ普段の性格というのは一方的な見方で、運転中の荒々しい性格も本当の性格。環境によって性格が変わるのが人間です」

 アイスを無断で食べるのは褒められたことではないが、これほどの事件を起こした容疑者は今後も教壇に立つつもりなのだろうか……。