“ご両親と眞子さまの間には亀裂が入っている”

昨年が眞子さまおひとりの写真だったことに対して、今年は6枚中4枚が佳子さまと写られているお写真でした

 赤坂御用地に咲く『サルスベリ』や敷地内の風景などを、眞子さまが所有しているインスタントカメラを使って、佳子さまと一緒に撮影されるご様子を収めたものでした。

 9月にお誕生日を迎えられた悠仁さまは、お父さまである秋篠宮さまとのツーショットでしたし、初めての構図に違和感を覚えましたね」

 とはいえ、とても仲のいい姉妹として知られているおふたり。実に自然で、仲睦まじいお写真だと思えるのだが、6枚の写真をめぐって「気になるやりとり」があったと皇嗣職関係者が声をひそめる。

お誕生日に際して公表された写真の1枚。おふたりが撮影した写真を並べながら談笑されて(10月6日)
すべての写真を見る

「今回のお写真を撮影するにあたり、関係者による打ち合わせが行われました。

 その際“誰とどんな構図で撮影するのか”という話し合いに、眞子さまご本人も参加されていたのです

 ご両親も同席していたのかは定かではないですが、あえて佳子さまとのツーショットを希望された背景には“佳子さまが自分のいちばんの理解者である”ことを示されたかったのではないかと思います

 今回のお写真の表情はおふたりとも柔らかく、心を許されている印象でしたから」

 秋篠宮さまや紀子さまとご一緒の写真でも問題はなかったはず……。むしろ、そのほうが現状の秋篠宮家にとってプラスに働いたともいえる。

小室さん問題が明るみに出てから“ご両親と眞子さまの間には亀裂が入っている”と、たびたび報じられています小室さんとの結婚を反対する国民からの声もあって“親子仲が悪いから結婚を止められない”といった、ご両親への風当たりも強い

 そんな中、今年9月に紀子さまが公表されたお誕生日文書では、眞子さまと“対話を重ねている”と、ご関係が修復されていると思わせる一文が盛り込まれていたのです

 ご両親としては今回のお写真に1枚でも加わることで、秋篠宮家にとって“親子仲はいい”とアピールできるチャンスでもあった。しかし、打ち合わせの段階で眞子さまが“拒否”されたのかもしれません」(宮内庁関係者)