「あの明るかった妻が外を歩くこともできなくなり……」

 悔しそうに語るのは、広島県尾道市の『四一餃子』店主の川端眞一(47)さんだ。

 同店は、9月にホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(48)とマスク着用をめぐるトラブルでもめて入店を拒否。以降、日本中からバッシングを受けて休業に追い込まれていた。

クラファンで1200万円に迫る支援が

 本誌が店主に取材をした10月上旬にはイタズラ電話などの被害が深刻で、体調を崩した妻と娘は親戚の家に避難している最中だった。最近はどうしているのだろうか。

「先日、妻が家に戻ったのですが、人に話しかけられるのが怖いようでゴミ出しにも出られなくて。街で会った人に騒動について聞かれると、思い出すのもつらいようで、涙を流してしまうような状態です……」(以下、川端さん)

 毎月の返済などが30万円ほどあるなかで収入はゼロ。廃業の危機が迫る状況で始めたのが、クラウドファンディング(クラファン)だった。それが大きな反響となり、意外な展開を見せている。

「ネットでの資金調達に抵抗はありましたが、まさかこんなに支援してもらえるなんて」

 クラファンとは、インターネットを通じてさまざまな支援を募るサービスのこと。支援者は金額に応じて、あらかじめ設定された返礼を受け取ることができる。

川端さんが立ち上げたクラウドファンディング。1000万円を超えても、数字は上昇中だ

 川端さんは今後の事業再開に向けた施設の増強やスタッフ確保のために目標額300万円を掲げた。それがネットで話題を呼び、10月29日時点ですでに1400人以上から1200万円に迫る支援が集まった。

 驚きを隠せないといった様子で川端さんが続ける。

「この1000万円で冷凍餃子のネット販売を始めます。発注を受けて発送するまでの流れを作るまでに半年以上かかるでしょうからその間、収入がないのは不安です……」

 クラファンの返礼の1番人気が、1万円の支援で店の冷凍餃子を発送するもの。ほかに店のスタッフTシャツ贈呈や、出張での餃子焼き方教室などが予定されている。