変わる渋谷の変わらぬくつろぎ空間『桜丘カフェ』

『桜丘カフェ』は渋谷駅から徒歩5分と意外なほどの静かなたたずまい
すべての写真を見る

 ここ数年は有名IT企業が集結し、さらなる進化を遂げている「若者の街」渋谷。特に最近は駅周辺の再開発がめざましく、来るたびに新しいビルやお店ができていると言っても過言ではありません。

 そんな渋谷ですが、桜丘エリアで変わらず11年間愛され続けているのが、その土地の名を冠した『桜丘カフェ』です。駅西口から徒歩5分、セルリアンタワーの裏手という好立地ながら、坂をひとつ上がっただけで駅のにぎやかさがウソみたいに消えている落ち着いた空間があることにきっと驚くはず。

 

 70席という広々とした空間には、オーナーが国内外から買いつけたアンティーク家具がさらにリラックスした印象を与えてくれます。

 低めの椅子やソファで休憩、テーブル席でミーティングや会食に、はたまたバーカウンターでのひとり飲み……などなど、気分や用途に合わせてさまざまな使い方ができることも人気の秘密。

 平日は周辺企業のクリエイターが食事や打ち合わせに使うことも多く、休日となると渋谷にやってくる人はもちろん、周辺の住人やご家族連れなどで賑わうのだそう。

「渋谷キーマカレー」と「シブヤビール」

 そんなこちらで愛されている看板メニューが「渋谷キーマカレー」(税抜き1100円)。たっぷりの玉ねぎとトマトをベース&鶏むね肉のひき肉で、油をほとんど使用していないのでヘルシーで胃もたれ知らず。

 特徴的なのがそのフレッシュなスパイスの香り! インドから直輸入したホールスパイスを10種類以上、お店でひき調合している本格派。肉のうまみとスパイスのパンチ、豆のまろやかさがハーモニーを奏で、ちょっぴり食欲のないときでも元気をもらえる一皿です。ちなみにランチタイムは税抜き1000円でサラダつきとちょっぴりお得に。

 コーヒーに合わせるのもいいけど、こちらでは、ぜひオリジナルの渋谷の地クラフトビール「シブヤビール」(税抜き890円)を。グレープフルーツとマカのフレーバーはさっぱりしたほろ苦さを演出し、コクのビールとは違った新感覚に誘います。

喫煙可能なテラスは冬にうれしいヒーターつき

 店内は完全禁煙ですが、愛煙家にも嬉しいのが、こちらの”喫煙席”。なんと屋外テラス席は全席喫煙可能。煙がこもることもなく、ソファでリラックスしながら一服ができます。

「今までは全席喫煙だったので、せっかく来ていただいたのにお帰りになられるお客様もいました。完全分煙で、窮屈な喫煙室やボックスではなく、テラス席で喫煙可能だという認知も増えて、たばこを吸うお客様・吸わないお客様にも好評をいただいています。テラス席にはヒーターがついていますので冬場でも暖かく過ごしていただけますよ」(運営会社広報 佐々木祐穂さん)

 たばこは吸わないけどリラックス気分が味わいたい人には、シーシャ(水たばこ)の用意もあります。

 また、現在は19時までの短縮営業中ですが、通常は朝5時まで(!)。日常がかえってきて、お仕事やイベントで遅くなることがあっても、ここを知っていれば安心ですね。

「渋谷は人がたくさんいすぎて、落ち着ける場所がない」

 そんなふうに思っている人にこそ知ってほしいカフェです。

桜丘カフェ

東京都渋谷区桜丘町23-3 篠田ビル1F
TEL:03-5728-3242

[ OPEN TIME ]
11:00-19:00(短縮営業中 L.O 18:30)
無休