コロナ第3波が押し寄せ、外出自粛が再び求められる日も近いかもしれない。孤独な自粛生活を猫のようにストレスフリーに過ごせる、精神科医たちが実践する方法をご紹介!

不安な夜をやり過ごす方法

★布団の上で大の字になってみる★

 もう何も考えず、布団の上で大の字になるだけ。手足は軽く開き、手のひらは上。そして目をつぶる。あおむけの姿勢は身体を圧迫しないので、熱もこもりにくく、血行にいい。これだけで血液は全身に巡り、内臓・筋肉・神経は休まる。コツは“脱力”のみ。疲れたと思ったら大の字でゴロン。

★ふわふわに癒されてみる★

 不安で心配な気持ちが押し寄せてきたら……。身体に「オキシトシン」という「幸せホルモン」を呼び寄せよう。方法は簡単。

 クッションや毛布、ぬいぐるみといった身近にある「ふわふわ」なものをムギューと抱きしめるだけ。

 これだけで心は安心感を得て、身体からはオキシトシンが出る。不安に押しつぶされそうなときはぜひ。

ふわふわに癒されてみる(イラスト/大塚さやか)

★月見て、星見て、ああ、キレイ★

 頭の中がグチャグチャしてきたら、夜空を眺める! 

 月や星を見つけたら、その揺らめく光をボーッと見てみること。そして、ひと言「キレイ……」ってつぶやいてみよう。脳はときどき主語を把握できなくなるので、その「キレイ」は月に言っているのか、自分に言っているのか認識できないのだ。これが意外と潜在意識に効いてくる。

 ぼっちの昼間をそれなりに楽しく♪

月見て、星見て、ああ、キレイ(イラスト/大塚さやか)

★起きたら窓開けビタミンDを★

 何時でもいいけど、起きたらカーテンを開けよう!

 できれば窓も開けられたら完璧! なんとこれだけで身体はビタミンDの生成作業を開始する。ビタミンDは骨を強くし、免疫力を高める、別名、太陽のビタミン! さらに、太陽光には体内時計の調節だけではなく、セロトニンという幸せホルモンの分泌を促す効果も!

★エア縄跳びをしてみる★

 運動不足は身体に悪いとわかっちゃいるけど、外に出るのがおっくうだったら、これがある。「おうちDEエア縄跳び」!

 軽くひじを曲げ、両手に縄を持つふりをしながら、そのまま、低くジャンプ、1分間。これだけで新陳代謝が活発になり、心肺機能が鍛えられる有酸素運動になる。侮れない運動なのだ!

エア縄跳びをしてみる(イラスト/大塚さやか)

★すやっと昼寝★

「猫はいいなぁ……」と思ったときは、疲れたとき。遠慮なく、ゴロゴロする猫になろう!

 おすすめはランチ後の昼寝20分。昼食後に眠くなるのは生理現象なので、昼寝時間をとったほうが午後の効率はよくなる。寝転がるのが無理ならば、机の上で突っ伏すのでもOK。朝からフル回転している脳を休めてあげよう。