「重度の障害者であっても、笑顔が素敵だ」

 そんな志望動機を語って知的障害者施設の職員になった容疑者が、信じられないような暴行事件を──。

「言うことをきかないので、カッとなった」

 昨年7月、愛知県東浦町の「愛光園 なないろの家」の臨時職員だった水野有幸(ありゆき)容疑者(45)は、当直をしていた夜間、54歳の男性入所者の腹を蹴るなどして腸に穴があく大ケガを負わせた。

 その後、男性は2か月入院して、10月に死亡。暴行と死亡の因果関係は不明だが、病院から通報があった警察は1年以上にわたり捜査を続け、12月4日に、容疑者を傷害の疑いで逮捕した。

 水野容疑者は、

「個室で2回蹴った」

「言うことをきかないので、カッとなった。日ごろのストレスがあって、イライラしていた」

 と犯行を認めているという。

「2018年以降、この施設では今回以外にも3件、入所者がケガをする事案が起きたようです。

 1人は昨年3月に亡くなり、このときの当直も水野容疑者だったとか……。残る2人も病院に搬送されている。警察は、これらと水野容疑者の関わりについても慎重に捜査を進めています」(地元メディア記者)

事件現場となった「なないろの家」

 愛光園の日高啓治副理事長は10年前、容疑者が最初に同園へ就職したときの様子を次のように説明する。

「以前は飲食店関係の仕事をしていたと聞いています。2年ほど当園で働いたあと、いったん辞めて、別の施設で働き、6年前からうちで非常勤として働いていました。

 当初は正社員を希望していましたが、“土日はどうしても空手教室や障害者スポーツのボランティア活動をしたいから休みたい”ということだったので、正社員はあきらめたようです」

 容疑者は口数こそ少なかったが、落ち着いていて、まじめだったとか。

「ただ、声が大きいときもあり、今年の6月ごろに入所者に“座ってろと言ったでしょ!”と怒鳴ったので、厳しく注意して、始末書を書かせる処分はしました。しかし、まさか暴力までふるっていたとは……」(副理事長)