ひとり暮らしの自炊にも役立ててほしい

 印象的な『藤井弁当』というタイトルは、打ち合わせの会話から生まれた。

「藤井先生ならではの、とことん作り方を簡単にすることに特化したお弁当本なので、ぼんやりしたタイトルは合わないと感じてつけました。反対意見もありましたが、藤井先生も強く賛同してくださって説得でき、結果的に多くの方に愛される本になりよかったです」(小林さん)

 受賞について、藤井先生は「毎日、普通にやってきたことをうまく本にまとめていただき、多くの方に喜んでいただけてうれしいです。人気の本になったのは、小林さんとライターの佐々木さんをはじめ、多くの関係者の方のお力があってこそ」と言う。『藤井弁当』はお弁当初心者だけでなく、ひとり暮らしの食事作りにも役立ててほしいとコメント。

「コロナ禍では自炊を始める方も増えましたね。忙しいと食事はおろそかになりがちですが、簡単でも『作って食べる』ことは、自分や家族を大切にすることにつながります。自炊を楽しく習慣にするためにも、この本を役立てていただけたら幸いです」(藤井先生)

(取材・文/野中真規子)

料理レシピ本大賞2020準大賞を受賞! 『藤井弁当』(学研プラス)。卵焼き器で驚くほど簡単に美味しく作れるお弁当を紹介。初心者でもお弁当作りを着実に習慣化できる。※記事中の画像をクリックするとアマゾンの商品紹介ページにジャンプします
すべての写真を見る

《PROFILE》
藤井恵 ◎料理研究家、管理栄養士。雑誌、書籍、テレビなどで活躍。著書に『藤井恵さんの体にいいごはん献立』『藤井恵さんの体にいい和食ごはん』『もやし100レシピ』(すべて学研プラス刊)など。ブログhttps://ameblo.jp/fujii-megumi/