『NHK紅白歌合戦』でも、その存在感を見せつけた氷川きよし。'20年を「学んだ1年だった」と振り返る。そして迎えた'21年。「今年は堂々と歌って、思いを伝えていきたい」と力強く語る。その熱き思いとは?

昨年できなかったことを
今年はしっかりと

 氷川のライフワークであるコンサートツアー。例年であれば年間約60日〜70日(120公演〜140公演)、全国各地のファンに生歌を届けている。しかし'20年は、たったの7日(14公演)。言うまでもなく、新型コロナウイルスのため中止や延期を余儀なくされた。

「いい1年とは言えないですよね。でも“すべてに意味がある”といい方向に考えなきゃいけないと思う。そして、結果、よくなるんだろうなと思います。本当に学んだ1年でした。こうして生きていること自体、自分にはやっぱり使命があるんだと改めて感じています。自分にしかできないこと、氷川きよしにしかできないこと。伝えたいこと、伝えていくべきこと。しっかりと発信していきたいと思った年でした
 
 昨年できなかったことを、今年はしっかりやっていきたいと前を向く。

氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

「例えば、コンサート。昨年の振り替え公演が、今年はたくさんあるんです。それをやる体力をしっかりとつけておかないと!」

 '20年、いちばんうれしかったことは、初のポップスアルバム『Papillon -ボヘミアン・ラプソディ-』を6月にリリースできたこと、と振り返る。

デビューしたときからの夢でもあり、自分の中で“ここまでやれた”という自負もあり。プロ歌手としての20年分の思いを音楽として吐き出すというか。そんな作品にすることができました。

 未曾有のコロナ禍でいろんなことが一時フリーズし、何もできない状態で家にいた時期だった。発売するかどうか、すごく悩んだけれど、聴いてくれた人から“励まされた”“元気になれた”という声がたくさん届いたから」
 
 と、誇らしげ。同じく6月にポップスコンサートを開催する予定だったが、これも中止。しかし8月に無観客ライブを行った。

コロナがおさまれば、ポップスコンサートをやりたいですね。通常の氷川きよしコンサートとは、また別に。Kiiコンサート? 名前はまだわからない(笑)」