ちゃんと会って、顔を見ないと……

大阪での過ごし方

 いつもだったら大阪グルメに舌つづみを打つところだろうけど、今回は外食封印。

大阪のレコード会社のおじちゃんがたこ焼きを買ってきてくれて。本当においしかった。大阪にいると太りますね、食べ物がおいしくて(笑)。ホテル暮らしだったので、食事は基本的にはホテル内のレストランやルームサービスでした。でも、ちょっと贅沢しすぎた気がして、その後はカップラーメンを3日続けて食べて、バランスをとりました(笑)。贅沢すると罪悪感を感じるというか、そのぶん節約しないといけない気がしません? カップラーメン、すごくおいしかったです

買っちゃった♪ 

 大阪・新歌舞伎座での座長公演中(11月19日〜29日)、新作バッグをお買い上げしたことをSNSで報告していた。
 
 自分へのご褒美?

「旅支度、下手なんですよ(笑)。できれば毎日、違う服を着たいし、靴もカバンも毎日替えたい。でも、それが10日間ってなったら、ものすごい荷物になるんですよ。でも大阪に持っていったカバンは結局1つ。そんなわけで“カバンをもうひとつくらい持っておこう”と思って。やっぱり、いろんなカバン持って写真を撮りたかったし。ね?

あふれまくる母性

 氷川が一緒に暮らす家族はミニチュアダックスフントのココアちゃん(16歳♂)、ミルクちゃん(10歳♂)。昨秋には、さらにラテちゃん(1歳♂)を迎え入れた。

「いい出会いがあって。ダックスが好きだし、縁だなと思って。もう大変ですよ(笑)。ときにうわーってなるくらい、とにかくにぎやか(笑)。そして、やっぱり可愛いです。“ゴハン食べさせなきゃ!”“守ってあげなきゃ!”みたいな。もう完全に母性があふれてます(笑)。

 自分が働かなければ、困る子たちがいる。背負っているものがある。だから頑張れるし、倒れるわけにはいかない。そうやって自分にプレッシャーをかけているんだと思います。ココアたちだけじゃなく、両親の存在もそうですね」

氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

友達は大切 

 故郷・福岡でコンサートの後、久しぶりに会った人がいたという。

「高校の同級生。一緒に演歌を歌って、一緒に頑張ってきた友達です。コロナの影響か、近ごろネガティブなメールが来ていたから……激励しなきゃと思って。久しぶりに会って、いろいろ話しました。そしたら“顔を見て話したら、気持ちが変わった”って言ってくれて。うれしかったですね。自分も励まされて、頑張ろうという気持ちになれました。やっぱりちゃんと会って、顔を見ないといけないんだって、すごく感じました。そして、やっぱり友達って大事だなと思いました」 

スタイリング/伊藤典子(hoop) ヘアメイク/遠山雄也(RELAXX)