「坪野鉱泉にたむろする暴走族に殺されたのではないか」「北朝鮮の工作員に拉致されたのではないか」

 中には、「女の子2人は5人の男にレイプされてまわされたあげくに車ごと捨てられた。そのうち2人の男は殺した女の子の霊に取り憑かれて気が狂って消息不明。残る3人の男は怯えて暮らしている」

 という妙に具体的な噂もネット掲示板で話題になり、書き込みは今も残っている。

「肝試しに行く」と伝えたまま行方不明に

 その噂の女の子とは、富山県氷見市の屋敷恵美さん(当時19)と友達の田組育鏡さん(当時19)。1996年5月5日、ゴールデンウイークの真っただ中に「坪野鉱泉に肝試しに行く」と、それぞれの家族に伝えたまま、消息が途絶えた。

 ところが失踪から18年が経過した2014年末、真相解明につながる目撃情報が突如として県警に寄せられ、事態は急展開する。

 屋敷さんら2人が目指した坪野鉱泉は、「ホテル坪野」の廃墟ビルで、北陸では「最恐」の心霊スポットだ。

この建物を目指して2人は姿を消した

 そこは屋敷さんの自宅から東に約60キロ、車で1時間半の山間にある、鉄骨6階建ての建物だ。1980年代初めに倒産し、経営者は行方不明になった。ホテル跡の土地と建物は競売にかけられ、会社経営者が約3500万円で落札した。

 しかし、バブル崩壊によって近くのリゾート開発の話が立ち消えとなり、建物は野ざらしに。やがて、暴走族のたまり場と化し、かつての温泉ホテルは荒れ果て、「幽霊が出る」として若者たちの肝試しの場所になった。屋敷さんら2人も失踪する前から1、2度は訪れていたという。

 その日は日曜日の夜だった。屋敷さんは、懐中電灯を持って軽乗用車で外出した。友達の田組さんは、勤め先のスーパーで懐中電灯の電池とペンライトを買い、屋敷さんの車で氷見市を出発。途中、隣の射水市にある「海王丸パーク」と呼ばれる、若者が集まる場所に立ち寄った。

 午後10時過ぎには、屋敷さんの軽自動車が国道8号を魚津市方面に向かって走り、同市内のガソリンスタンドで給油したことがわかっている。

 その後、友人のポケベルに「今、魚津市にいる」とメッセージを送ったのを最後に、連絡がぷっつり途絶えた。2人の身に一体、何が起きたのだろうか。