ジューンブライド──。古来ヨーロッパでは、「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えがあるという。梅雨である日本とは違い、ヨーロッパは3~5月は1年の中でも農繁期。諸説あるものの、そのピークが過ぎた6月に結婚式を挙げる慣習があったため、6月=花嫁の季節になったのだとか。梅雨で雨が多い日本とは環境が少し違うのだ。

 そんな慣習が、ここ日本でも浸透。やがて、ジューンブライドは特別視されるようになり、一般人だけでなく、芸能人のジューンブライドも増えていく。

 例えば昨年は、清野菜名(26)&生田斗真(36)が6月1日に代理人を通じて都内区役所に婚姻届を提出したことを発表。一昨年は、蒼井優(35)と南海キャンディーズ・山里亮太(44)が結婚し(3日に婚姻届を提出)、大きな話題を集めたことは記憶に新しいだろう。

 “授かり婚”で注目を浴びたカップル、いろいろとお騒がせした後での結婚など。そんな芸能人のジューンブライドをプレーバック。“6月の花嫁”は、幸せになっているのだろうか──。

山里は自身のラジオ番組で「結婚することが怖くて」と涙声で打ち明けていた

 絵に描いたようなジューンブライド、その最たる例が、'07年に結婚した辻希美(33)&杉浦太陽(40)だろう。共通の友人を通じて知り合い、辻の猛アタックから交際がスタート。幸せオーラ全開の記者会見は、ジューンブライドらしい華やかな雰囲気に包まれ、祝賀ムード一色だった。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが語る。

6月に結婚発表した芸能人夫婦

避妊に関する質問をしたレポーターについて、杉浦は「一生名前は忘れないでおこうと思う」とテレビ番組で語った

芸能人のジューンブライドといっても、花嫁姿を披露しているケースは少ないです。しかし、辻さんは白のドレス姿で登場した。ジューンブライドらしい明るい姿は話題になり、こちらまで幸せな気分になるような会見でした。今なお2人が活躍を続けるのも納得です」

 その言葉どおり、'16年には 『いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2016』に2人そろって登場。辻が、超ミニのドレス姿で円満の秘訣を語るなど、今では芸能界きってのおしどり夫婦として認知されるまでに。

 その裏で、ある記者は「実は'07年の記者会見は一触即発だったんですよ」と明かす。

「2人は“授かり婚”だったのですが、芸能レポーターの1人が“なぜ避妊しなかったんですか?”と聞いてしまって(苦笑)。その場は我慢した杉浦さんですが、会見が終わると“そんなことを聞く必要があるのか”と激怒していたようです」(スポーツ紙記者、以下同)