《車に乗る喜びをお客様目線で表現してくれそうな方》

 そんな理由で、5月中旬に車リースサービス『カルモくん』の広告塔に就任したのは「ミスター無責任」「テキトー男」こと高田純次。

“当て逃げ”報道も

「たしかに芸能界有数のカーマニアですが、車関連の仕事をオファーされるとは驚きました。2年前の“騒動”以来、よいイメージがないので……」(芸能プロ関係者)

車リースサービス『カルモくん』の広告塔に就任した高田純次

 騒動とは『週刊文春』に掲載された”当て逃げ”報道。

'19年4月、高田さんが運転していたポルシェが、20代男性の運転する車に衝突。被害者から警察を呼ぶべきだと言われた高田さんが“今20万円持ってます。ダメでしょうか。それである意味、ナッシングに”とお金で解決しようとしたことに対し、世間から批判の声が相次ぎました」(スポーツ紙記者)

 直後、『FLASH』の取材に対して「免許返納も視野に入れている」とコメント。

それもそのはず。高田さんが事故を起こしたのはそれが初めてではありません。'09年には前方不注意でミニバイクに衝突。バイクに乗っていた少年に全治2週間のケガを負わせています。'18年にも信号待ちをしていた20代男性の車に追突しています」(同・スポーツ紙記者)

 “高齢者ドライバー”でありながらも車が大好きな高田にとって、免許返納は苦しい決断。しかし、今年に入ってとうとう動きがあったという。

「年始ごろに“もう車は売る!”って話してましたよ。奥さまからも免許返納をすすめられていたそうですからね」(テレビ局関係者)

 真相を確かめるべく、6月上旬に自宅を訪れると、白いベンツを慣れた様子で運転する日に焼けた高田が現れた! 記者に気づくと、車を路肩に止めて丁寧に取材に応じてくれた。