「インスタ映え」という言葉ができてからもう10年近く経ち、そろそろZ世代の若者たちは背伸びしてオシャレなインスタ映えを狙う生活に食傷気味のようです。

 以前、私は2021年に流行るものの1つとして、「出世サワー」や「炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)」などの「インパクト映え」というものを挙げました。

 これらは、従来のインスタ映えに飽きたZ世代の若者たちが、今度は従来のインスタ映えとは真逆の「とにかくでかいもの」をインスタに載せるようになっているし、今後もこの傾向が広がっていくだろう、というものでした。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 今回はその延長線上にあるともいえそうな「豪快シェア」のトレンドについて、現役大学生たちがレポートしてくれます。

 彼らはただデカいもの(量の多いもの)をインスタに載せるだけでは飽き足らず、それを周囲の友だちと「シェア」したくなってきているようです。

広く浅い人間関係×コロナで生まれた流れ

 SNSが生活の一部になっている今の若者世代は、SNS上で関係の浅い知人ともフォロー、フォロワーとして関わりながら、「広く浅い人間関係」に囲まれて暮らしている。さらにコロナの影響で人と直接会う機会が減り、リアルでの友人関係は希薄化している。

今回レポートしてくれるメンバー。写真左上より矢追耕太郎(早稲田大学政治経済学部3年)、河内杏南(早稲田大学文化構想学部3年)、橋本和弥(立教大学社会学部4年)、土井大紀(立教大学文学部2年)/東洋経済オンライン

 こうした中、本当に仲がよい友人の存在をより大切に感じるーーそう感じる若者がにわかに増加している。インスタ映えを目的にお洒落な場所へ一緒に行くような友人関係には、不信感を抱く若者も少なくない。

 一方、外出が気軽にできなくなったことで、SNS上で手ごろに「いいね」を貰える、見栄えのする投稿をする機会が減り、承認欲求を満たせないという問題も発生している。

 そのため、気飾らない、ありのままの日常をSNS上で表現する人も増えている。気のおけない友人がいる、ひとりぼっちではないことをさりげなくアピールしつつ、タコ焼きパーティーやなべパーティーを上回る映え要素によって、着飾らず「いいね」をもらいたいと考える人が増えている。

 そこで、若者たちの間で広がっているのが、「豪快シェア」だ。「豪快シェア」とは筆者らの造語だが、気のおけない友人たちとの食事でインパクトのある食べ方を楽しみ、かつインスタ映えもさせるというものだ(もちろんコロナ感染には注意して)。