痛みを感じる場所に必ずある、コリッと固い「筋硬結」。ここをボールペンで5秒押してほぐすだけ。テレビを見ながら、家事の合間に、いつでもOK。マッサージに行きづらい今、ボールペンが完璧な代役を果たしてくれる!?

痛みやコリの多くは筋肉のけいれんが原因

 なかなか消えない、すぐにぶり返す痛みやコリ。その根源から改善できれば……と考えたことはありませんか。

「筋肉は筋線維という糸状の組織からできており、この筋線維がけいれんして固まると、筋硬結というコリが生じます。そして、放置された筋硬結が徐々に悪化し、ある一線を越えると急に痛みが。一種の筋肉痛といえますが、この筋肉のしこりが、肩こりや腰痛などを引き起こす大きな原因のひとつと考えられます」

 と語るのは、理学療法士の石部伸之さん。筋肉のしこり=筋硬結は、誰でも、ふだんの生活でできるものだとか。

「食品のつまったエコバッグを持ち上げたときなど、筋肉に瞬間的に力が入ったときや不自然な姿勢で力が入った瞬間、またデスクワークなどで長時間同じ姿勢でいるときにもできやすいですね」

 すぐにできてしまうものだからこそ、こまめにほぐすことが重要だという石部さん。

「筋硬結をほぐすためには、ある程度の力が必要になりますが、指でマッサージをすると指の筋肉や関節に負担がかかるだけでなく、手首や前腕にある、腕を動かすための筋肉も疲労してしまいます」

 マッサージで手に痛みが生じてしまっては本末転倒。

「ボールペンを使えば、指や手に大きな負担はかかりません。また、筋硬結の太さは、鉛筆の芯ぐらいからマカロニぐらい。ボールペンのペン尻の太さは、筋肉内にできた筋硬結をピンポイントで押すのに最適なんです」

 ボールペンマッサージで筋硬結をほぐすと、軽い痛みやコリなら1~2日で解消。

「マッサージは、テレビを見ながら行ってもOKですよ」

 痛みのモトを気軽に効率よくほぐしてスッキリしよう!

筋硬結をほぐすと痛みが改善する

どんなときにやるといい?

●急激な痛みが落ちつき、慢性的な痛みやコリがあるとき

●運動や力仕事、筋トレなどをしたあと、筋肉痛を感じる前

●入浴後の身体が温まっているときやリラックスしているとき

【注意!】こんなときはマッサージを控えて

●ケガをした直後や次の日、または運動や筋トレなどによる筋肉痛がひどいとき

●明らかに腫れているとき

●ぎっくり腰の直後

●関節リウマチやがんの治療中

※血管障害や湿疹、日やけ後の炎症など皮膚のトラブル、持病がある方も注意が必要です。気になる場合は、まずはかかりつけの医師に相談を。