「うれしかったですね。自分の料理番組って、1人でやったことがなかったので」

 インスタに手料理をアップするたびに大反響。『有吉ゼミ』で披露してきた手作りスイーツはプロ並み。料理上手なのは言わずもがなの氷川きよしが、このたび、Spotifyオリジナルのポッドキャスト番組『氷川きよし kiiのおかえりごはん』をスタートさせる。

もう完全に“素”の状態

 新ドラマ『お耳に合いましたら。』(毎週木曜深夜0時30分〜テレビ東京系)に連動し、主人公・高村美園(伊藤万理華)が、ファンである氷川のこの番組を愛聴している……という設定だそう。

 そして“ポッドキャスト”とは、インターネットを通じて配信された音声や動画をスマートフォンなどに保存、視聴できるサービスのこと。

料理に目覚めたのは小4のとき。「調理実習でオムレツを作って。それから好きになりました。高校生のときは、ファミレスの厨房でアルバイトもしていました」 撮影/矢島泰輔

「番組は音声だけなので、逆に楽しいですね。映像があると手順とか、ちょっとした動きとか、すごくちゃんとしないといけないと思うけど、そこは見られないから(笑)」

 氷川の家に遊びに行くと、手料理でもてなしてもらえる……。そんな“おうちごはん会”感覚の番組だという。

「料理は、ひとり暮らしの人やOLの人たちが気軽に作れるものを。1人でいて、なんだか寂しいときにほっとするような時間にできれば。それこそ、友達との楽しいおしゃべりのような感じがいいかなと思って」

 この日の収録は2回目。もう、慣れた?

「今まで20年以上、よそ行きというか、目上の方としゃべる感じでやってきたので、友達に接するようにしゃべるのは、かえって難しいなと思ったんですが、徐々に慣れてきました。肩の力を抜いて、自由気ままに。もう完全に“素”の状態(笑)。すごく楽しいです。慣れすぎて、暴走しないように気をつけないと(笑)