金銭問題に進展はいっさいありません。“佳代さんと会って話したい”と伝えていますが、返事はいただけていません。現在、“ボール”は小室さんサイドにあると認識しています。

 4月に解決金を支払うと示され、こちらは“受け取る”と意思表示したのに膠着したまま。先方から特に説明がないので原因もわかりません。(元婚約者は)もう、あまり待てないのではないかと私は考えています。体調面も問題がないとは言いきれません」

 小室佳代さんの元婚約者・竹田さん(仮名)を支える代理人男性は、金銭問題の現状に困惑している。

 当事者の1人である佳代さんは、どう過ごしているのか。勤務先の洋菓子店関係者は、

「在籍していますが、もうかれこれ3か月近く出勤していません……」

 と、こちらも困り果てている様子。

勤務先の洋菓子店から出る小室佳代さん('20年6月)

「彼女からの連絡はないですし、店側から連絡することもありません。今は“ほったらかし”の状態です。

 仮に彼女から連絡がきたとして、どう対応すればいいのか……。今は社労士(社会保険労務士)を頼りにするしかなく、相談しているところです」(同・洋菓子店関係者)

 6月に発売された『週刊文春WOMAN』の記事内で、記者との問答に佳代さんは、

《職場の人間関係はとてもいいんですよ。皆さん和やかで、和やかで。悪い人は誰もいないというくらい》

 と語っていたが、勤務先からは“腫れ物”として扱われているようにも……。

 小室さん母子は出勤時、毎朝最寄り駅まで一緒に向かってから、改札で別れる際には毎回ハグをするほどの母子仲だと報じられていた。

 しかし、同誌にはこれまで“マザコン”や“教育ママ”だと報じられてきたことに対して《五十年生きてきて、初めて言われました》と語り、報道を否定した佳代さん。

 小学生時代の圭さんが通っていた絵画教室の関係者だったAさんは、当時の小室さん母子を次のように振り返る。