“ヘルシー”“ダイエット”という言葉に踊らされていませんか? 流行に敏感なのはいいけど、50代以上が無理に取り入れると危険なケースも!

野菜をたくさんとるよりも重要なこと

「テレビやネットで知った健康情報を手当たり次第にそのまま取り入れるのは危険です」

 そう話すのは、食育プロデューサーの吾妻聖子さん。例えばヴィーガン。“フェイクミート”を食べるなど、菜食主義は健康にも美容にもいいと言われているが、

「シニア世代にはまったくおすすめできません」

 と吾妻さんは断言。青汁を飲むなど、野菜を意識的にとっている読者も多いだろう。

「ですが、野菜を重要視しすぎて粗食になっている人が多い。タンパク質や炭水化物が不足すると、健康な身体を維持できなくなる。野菜をたくさんとることよりも、肉や魚、豆類、卵など多くの品目をとることのほうが大事なんです」(吾妻さん、以下同)

 食品目を多くとる高齢者ほど、生活機能の自立度が高いというデータがあるほど、健康に直結するのだ。そもそも、ヴィーガンで得られる大きな効果はダイエット。

「シニア世代は、若いころと違って食べ物から栄養を取り込む力が弱まっているため、放っておいてもやせていきます。野菜だけでは圧倒的に栄養が足りなくなる」

※画像はイメージです

 低栄養の状態だと身体の回復力が下がって切り傷や捻挫などのケガも治りにくくなる。すると身体を十分に動かせない時間が長くなってメンタルにも悪影響が及んで、さらに食が細くなるという負のスパイラルに陥る。