ものまねタレントの大御所清水アキラは、ここ数年、三男で元タレントの清水良太郎のことで頭を悩ませ続けてきた。

執行猶予が明けたばかりなのに

「良太郎さんは、'17年2月に違法カジノ店に出入りしているところを『FRIDAY』に掲載されました。そのことで芸能活動を謹慎しましたが、4か月後には復帰。しかし、復帰からさらに4か月後の10月に、都内のデリバリーヘルスで働く女性に覚せい剤の使用を強要。警察へ通報されたことで受けた尿検査で、覚せい剤の陽性反応が出て、逮捕されました」(スポーツ紙記者)

 '17年12月に、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が下され、アキラが設立した所属事務所『清水エイジェンシー』を解雇されると、そのまま芸能界も引退していた。

'20年、執行猶予終わりかけの清水良太郎を直撃したときは「更生した」と答えていたが……

 その後、'20年9月に、良太郎は週刊女性の取材に対して、次のように近況を語っていた。

――芸能界への復帰は?

「考えていないですね」

――もう更生した?

「はい。もう、まじめに働いているので。というか、それだけ(笑)」

 しかし、こう答えた7か月後の'21年4月、2度目の逮捕。

自宅で妻の頭を家具に叩きつけ、首に全治1週間のケガをさせた疑いで逮捕されました。夫婦喧嘩の末の出来事で、妻が警察に相談して事件が発覚したんです。父のアキラさんも“本人には誠心誠意罪を償ってほしい”と、謝罪のコメントを発表しています」(前出・スポーツ紙記者)

 '16年には子どもが生まれていたのに、覚せい剤で逮捕された夫をこれまで支えてきた妻でも、さすがに離婚を決意してもおかしくないか……。