週末の夜。駅前には流行(?)の“路上飲み”が目立つ。渋谷との違いは、若者ばかりでなくさまざまな年齢層がいる点。都内でも有数の“飲んべえ”タウンとして知られ、コロナ前は朝まで飲み歩く面々も少なくなかった街・高円寺。この街最大の夏の風物詩が、『高円寺阿波おどり』だ。

「毎年8月末に開催されて100万人が来場します。踊り手は1万人。街を周回する“流しおどり”を見る人で道はごった返して、当日は移動するのがひと苦労です。駅前は動線の確保のため一部封鎖されて、大混雑。朝のラッシュの満員電車みたいになることもあるので、今の時代でいうとかなりの“密”ですね(苦笑)」(高円寺のバー店主)

開催決定も辞退する連が多数

 コロナ禍にあってこの夏祭りが物議を醸かもしている。昨年はコロナのため開催を見合わせたが、今年は8月28日・29日、9月25日・26日の4日間にわたって開催されることが決定したのだ。

「流しおどりは昨年に続き、中止で、区立の施設である『座・高円寺』のステージを使っての“舞台おどり”のみでの開催となります」

 そう話すのは、高円寺の阿波おどりに参加する連(阿波おどりに参加するグループのこと)に所属する高円寺在住の男性。彼の連は今年の舞台おどりに参加するという。

「この時代ですから、怖いですよね。ただ僕もいろいろと付き合いがあるので、連長が“参加する”となったらなかなか断るってことも……」(参加する連の男性、以下同)

高円寺駅前の商店街

 参加する連のリストを見ると、あることに気づいた。

「かなり多くの連が、今回の参加を辞退しているんですよね。『高円寺阿波おどり振興協会』に所属している、長い歴史を持つ有名な連を中心に。いくら振興協会がやるって言っても、自分の連はとても参加させられないってことでしょう。協会への悪口を言ったら簡単に干されるような狭い世界ではありますが……」

 協会に所属する連(通称・協会連)は30。運営側となる協会の役員も兼務する連長のいる連が中心だ。

「開催の決定をした段階では感染者は落ち着いていたかもしれませんが、その後感染者は爆発的に増えていますから、“中止にすべきだ”と考えている人は多いです。どういう対策がとられるのかよくわからないし……」

 今回、“協会連”であり、今年の阿波おどりに参加しない複数の連に、参加辞退について取材依頼をかけた。“匿名でも構わない”という話で依頼したが、ほぼすべてに取材を断られる結果に。そんななか「名前を出して構わない」と取材に応じてくれた連がある。『吹鼓連』(すいこれん)。連員は110名の協会連だ。吹鼓連の連長(連の代表)である福村沙織さんは、今年参加を辞退した理由を3つあげた。

「8月の公演までの間、緊急事態宣言およびまん防の影響で杉並区の施設が19時及び20時までしか使えないことにより、事実上、練習会場の確保ができなかったこと」

「これまでも宣言とまん防により練習を中止してきたのに、今回の公演のために活動を開始すれば、今までやってきたこととの整合性が取れなくなると判断したため」

「(開催が決定した)6月の時点で、8月の公演の時期はコロナ感染者の拡大が予測でき、本番代わりの公演とはいえ、そこまでのリスクを冒してまで出演するメリットを見いだせなかったため」