「いつか何か事件を起こすと思っていましたが、まさか本当にやらかすとは……」

 女子高生殺害の嫌疑がかけられている男の同級生が、事件の真相に近づく数々の“伝説”を明かしてくれた――。

和美容疑者には幼い子どもが3人いる

 8月31日未明、尊い女子高生の命が失われたという衝撃的なニュースが日本中を駆け巡った。

「この日、墨田区に住む私立高校3年生の鷲野花夏(わしのかな・18)さんの遺体が、山梨県早川町の山奥にある小屋で見つかりました。同日に警察は、群馬県渋川市に住む小森章平(27)、妻の和美(28)の両容疑者を鷲野さんの死体遺棄の容疑で逮捕しています」(全国紙社会部記者)

 28日から行方不明になっていた鷲野さん。「友人に会う。すぐに帰る」と言って家を出たまま行方がわからなくなっていた。防犯カメラの映像で鷲野さんは、自宅付近で両容疑者の車に自ら乗り込んでいた事実が判明。

「捜査の結果、車は長野県で発見された。乗っていた夫婦は取り調べで鷲野さんを殺害したこと、山梨県内の山奥に遺棄したことを認め、逮捕された」(前出・社会部記者)

 事件の詳しい経緯については現在も捜査中だが、夫の章平容疑者は「鷲野さんとは2年前にツイッターで出会った。妻が嫉妬していて事件になった」などと供述している。

 当日も3人で話し合うために夫婦が鷲野さんを呼び出していたようで、事件の背景には男女関係のもつれが見え隠れする。

 章平容疑者と妻の和美容疑者が結婚したのは今年の5月。その直前まで和美容疑者には別の夫がいたが、前夫のDVが原因で1年ほど前に離婚。

 その直後に章平容疑者と再婚しており、前夫と暮らしていた群馬県渋川市内にある妻名義の一軒家で、2人で同居を始めた。和美容疑者は前夫との間に幼い子どもが3人いたが、現在は近くに住む両親が引き取っている。

 再婚相手となった章平容疑者は三重県出身。その素性を調べると、とんでもない過去が明らかになる……。

 サバイバルゲーム、アウトドア、動物などが好きという章平容疑者。インスタグラムには「山梨のキャンプ場が好き」と書かれており、その場所は今回の事件現場からそれほど離れていない。

 小学生のときから剣道をやっていたようで、中学でも剣道部に所属するため、わざわざ学区外の公立中学に通っていた。だが、当時の部活の先輩によると、

「どちらかというと暗めの性格。部活動も休みがちで積極的ではありませんでした」