松葉杖をついて出てきたが、やっぱり歩きにくそう
【写真】松葉杖をついて歩く伊勢谷友介とサポートする元カノ・森星

長続きしない伊勢谷の恋愛

 その後、伊勢谷は“共演者キラー”として名を馳せていく──。彼が主演を務めた'04年公開の映画『CASSHERN』の共演者が麻生久美子だった。当時の記事には、映画関係者のこんな目撃情報が掲載された。

「撮影が本格的に始まる前に、伊勢谷さんが1人で神社にお参りに来ていたんです。しばらく様子を見ていたら、そばの林の中から突然美女が登場。それが麻生さんでした」

 人目もはばからず神社で抱き合っていたというが、この時は決定的な写真は撮られていない。

 '07年5月に伊勢谷と木村佳乃のデートが報じられた。

「ふたりは'07年の映画『スキヤキ・ウエスタンジャンゴ』での共演がきっかけだと言われています。どちらの事務所も否定コメントを出しませんでしたが、1年も経たず破局したとも。木村さんは'08年に舞台で共演した東山紀之さんと10年に結婚しました」(前出・スポーツ紙記者)

 '13年法放送のドラマ『女信長』(フジ系)で伊勢谷は長澤まさみと共演し、放送前に熱愛が報じられた。

「交際は順調で、結婚間近ともいわれましたが、'13年に『週刊文春』が伊勢谷さんのDVを報道。ただ、破局はそれが理由ではなくて、伊勢谷さんが結婚する気がなかったことに長澤さんが愛想を尽かしたとも」(前出・スポーツ紙記者)

 伊勢谷の恋愛は長続きせず、森星と4年交際したのが最長記録。数多くの女性を渡り歩いた結果、たくさんの“共演NG”を生み出しているということか……。19日には長澤、木村、麻生が出演する『ボクらの時代』の後編が放送される。いろんな意味で見逃せない──。