おしゃれが楽しい秋の到来。でも“クローゼットにはたくさん服があるのに、着たい服、似合う服が少ない”そう感じる人も多いのでは。50歳前後は体形や髪質、肌質が変わって今までの服が急激に似合わなくなってくる時期。そこで、これまでに1万人以上にスタイリングのアドバイスをしてきた「予約の取れないスタイリスト」山本あきこさんに、劇的におしゃれ見えするコツを伝授してもらいました。

服よりまず「先端」

 人気スタイリスト山本あきこさんに50代からのおしゃれで注目すべき点を問うと、

「大人の女性に気を配ってほしいのは、服よりまず先端!」と即答。先端とは、足元、手の指や爪、顔といった身体の先っぽのこと。この部分を整えるだけで、おしゃれ度がぜんぜん変わってくる!と山本さんは力説します。

「秋冬になると、深めな色を着るようになりますよね。そうすると、どうしても顔色が沈んで見え、全体的に老けて見えがちに。そこで、提案したいのが先端に“ツヤ”を足すこと! 黒っぽい服を着たら、小さくてもいいので、テリのあるピアスやネックレスなどをつけましょう」

 先端の中でも足元のおしゃれはとても重要。

「新しい洋服を買っても、生かすも殺すも足元次第。服以上に靴には気を配りたいもの。先端がシャープな形を選ぶと足がきれいに見え、着こなしも洗練されて見えます」

 先端に気を配ったら、プラスして流行アイテムをスパイス感覚で取り入れてほしい、と山本さん。

「手持ちの服やアイテムだけの組み合わせでおしゃれを楽しむには限界があります。コロナ禍の中で買い物も以前のように気軽に行けないかもしれません。でも全身の中で1点でも新しいものを足すと、いつもの服が見違えて、気持ちも上がりますよ」

肌を白くきれいに!パールは“天然のレフ板”

 大人世代におすすめがパールのアクセサリー。ほんのりとしたテリとツヤ感でギラギラしすぎず、装いに品も与えてくれます。耳元や首元に足すと、顔が明るく、表情までイキイキとした印象に。顔まわりだけでなく、手元にもパールをつけると大人っぽい品のよさをさらに演出できます。シルバーやゴールドのリング、ブレスレットとパールリングなどを重ねづけすると指先が華やかに。両手ではなく、片手にアクセを3個以上つけることで“おしゃれし慣れてる感”が一気に出せます

 シルバーかゴールドで統一しないとダメとか、本物のパールとイミテーションはまぜたらいけないとか、ルールはありません。

首元、耳元にテリ、ツヤをプラス

大人世代に大敵の肌くすみはシャーベットカラーで解決

 秋は茶や黒といった暗い色の服が多くなるので、取り入れてほしいのが差し色。この時季、店頭には、ボルドーやカーキなどの秋色が並びますが、これは大人世代にとっては要注意。顔色がくすんで見えがちに。大人世代は、ラベンダーやミント、カスタードなど、シャーベットのような顔映りのいい、澄んだカラーを差し色に選んでください。発色がビビッドすぎないので悪目立ちしません。さらに、どんな色とも相性がいいので季節を選ばず活躍。トップスに取り入れたり、スカーフを首元にあしらったりしてもすてき。上品な華やぎをプラスしてくれます。

首元などワンポイントにシャーベットカラーを