どんな状況でも命を救う!! というかイケメンだから??

 その意味では、第2位にランクインした『コード・ブルー』の藍沢耕作(山下智久)も同じだろう。『ドクターX』にも言えることだが、医療従事者が「ありえない!」と口をそろえるような状況での緊急オペしかり、“どんな状況でも命を救う”天才的な姿勢に票が集まった。一方、山Pが演じるだけあって、こんな声が多いのも事実。

「藍沢に目を見つめられながら“任せろ”と言われてみたい」(福島県・44歳OL)

「“自分が必ず治す”なんて藍沢さんに言われたら……、それで昇天しちゃいそう(笑)」(埼玉県・52歳パート)

「駆けつけてきた藍沢さんに“もう大丈夫だから”とまっすぐに目を見て言われたい」(大阪府・37歳塾講師)

フライトドクターという特殊な現場での活躍に注目が
【画像】30位までのランキングを先に見る

 誰だってイケメンに診てもらいたい! ただ、吉田さんは「野暮なことは言いたくないけど」と前置きしたうえで、“メス”を入れる。

「『コード・ブルー』のテーマは緊急救命なので、おそらく山Pが駆けつけたときには意識がないと思うし、意識が戻ったときには総合病院のベッドの上でしょうから、違う先生のお世話になっているはず(笑)」(吉田さん)

 もしも冥途(めいど)の土産になるなら、「山Pに!」という人もいるかもしれない。

技術よりも人格重視! もっとも万能な医者かも

 第3位は、『Dr.コトー診療所』の五島健助がランクイン。

「“最大限まで頑張って、あとは運に任せよう”。これ以上は運しかない、というところまで診てくれるという感じがする」(大阪府・40歳会社員)

「五島先生の丁寧でわかりやすく、優しい口調で語りかけてほしい」(北海道・64歳無職)

 吉岡秀隆が扮(ふん)する五島健助が無医村で奮闘する同ドラマ。先の2作とは違い、技術ではなく人柄が重視され、多くの支持を集めた。

離島の小さな診療所で数々の難手術をこなし、島民から絶大な信頼を寄せられる

「風邪も診断してくれるし、盲腸なども診てくれる。さらには、おじいちゃんやおばあちゃんの世間話にも付き合ってくれる。オールラウンダーという意味では、五島健助のような医師が一家に1台ならぬ、一村に1人いてくれたらありがたい。全医療ドラマの中で、もっとも万能な医者かもしれない」(吉田さん)

 さらに、「丁寧でわかりやすい」という視聴者の意見に対しても吉田さんは、

「3分診療という言葉が叫ばれているように、機械的な説明が多い中で、患者と同じ目線で説明できる医師の存在は貴重」

 と同意する。スペシャリストではないかもしれないが、人格者という意味では、天才医師とは違う「信頼」がある。

 実際、医療ドラマの名作との呼び声高い『白い巨塔』が、ランキングでは旗色が悪い点は見逃せない。これまで、田宮二郎、唐沢寿明、岡田准一というように二枚目が演じてきた外科医・財前五郎だが、どれだけ顔と腕がよくても権威主義者であれば、視聴者の信用は得られないのだろう。国立浪速大学病院では政治力を発揮し、教授へと上りつめたが、全国の女性1000人が選ぶアンケートでは下位に沈んでしまった……。