新宿・歌舞伎町にある新宿区役所近くの雑居ビル屋上で40代の男性が死亡しているのが見つかった。男性と容疑者が出会ったのは「シネシティ広場」(広場)。最近では、広場に集まる未成年を中心とした若者たちも含めて、“トー横キッズ”と呼ばれることもあり、彼らが絡んでいるかのように報じられた。彼らに何が起きているのか─。この春からトー横の若者を追い続けた渋井哲也氏によるルポ。

「亡くなった被害者は歌舞伎町で暮らしていたホームレスで、『シネシティ広場』(広場)に集まる若者たちから“アキラ”と呼ばれ慕われていました。この事件で繊細な子どもたちが傷ついたと思うと心が痛い」(歌舞伎町関係者)

現場となった星座館ビル。誰でも屋上に出入りできるようになっている

 事件は11月27日午後2時過ぎ。新宿区役所通りにある「星座館ビル」の屋上で起きた。数人から殴られている男性がいると、近くのビルから目撃した女性による110番通報が入った。警察官が現場に駆けつけると、職業住所不定の氏家彰さん(43)が意識不明の状態で倒れていた。刺し傷はなかったものの、その後、病院に運ばれ午後4時過ぎ、死亡が確認された。

 傷害致死容疑で逮捕されたのは、関口寿喜容疑者(26)と少年2人。3人は容疑を否認している。このほか、一緒にいたとされる亀谷蒼容疑者(24)を傷害致死容疑で全国に指名手配した。現場近くの防犯カメラに、同日午前7時55分ごろから、氏家さんと関口容疑者ら計7人がビルに入る映像が映っていた。残る2名は未成年とみられ、警視庁は行方を追っているという。

 関係者によると、氏家さんは「広場」でゴミを拾うなどのボランティア団体「歌舞伎町卍會」に協力していた、という。関口容疑者と氏家さんは「広場」で出会って、何らかのトラブルがあったといわれている。この春からトー横界隈を取材している筆者も9月ごろに氏家さんを初めて見たが、ゴミ拾いをしながら、若者たちの輪の中に入っていたのを覚えている。

「氏家さんを殺害したのがトー横キッズなどと言われていますがそれは違う。年齢もそうですが、この夏ごろから来るようになった輩です」(歌舞伎町関係者)

 指名手配の亀谷容疑者はその後、出頭し逮捕された。

“トー横”と“広場”の違い

 昨年ごろから映画館が入っている「TOHOビル」の東側の路地に集まる若者たちが話題になっていた。「TOHOビル」の横であるため、「トー横」といわれるようになり、集まる人数が増えるにつれ、場所も「広場」に分散したり、人間関係も細分化していった。

 一方、もともと「トー横」の反対の西側にある「広場」にはたくさんの若者が集い、路上でお酒を飲んだりしていた。「トー横」と「広場」は別の人間関係がつくられていたが、「トー横」が話題になるにつれ、「広場」に移動する若者たちも出てきた。最近では警察も注目し、声かけや補導も始めた。

 歌舞伎町でフィールドワークをしているライターの佐々木チワワさんはこう説明する。

「『トー横』はもともと“自撮り界隈”の子たちの待ち合わせの場所のことで、漠然と若者たちが集まっていました。自らを『トー横メイツ』とか『新宿メイツ』と呼んでいました。でも、お金がなく、ホストクラブなど夜のお店に行けないけれど、歌舞伎町を味わっている子どもと揶揄して、周囲から『トー横キッズ』といわれ始めました」

 SNSで自撮りをする若者たちのほか、「TikTok」やInstagramでの動画投稿が話題になっていく。路上で前転をしたり、側転を繰り返したり。「ハヤシビル」を背に、音楽に合わせて踊るというものなどがあり、流行の発信地としての一面も見せていた。