昨年10月に公開された出演映画『望み』の舞台挨拶には、岡田健史も登壇していたのだが……
【写真】岡田健史が連ドラの打ち上げで見せた、未成年とは思えない「黒コーデ」

「裁判トラブル以降に事務所の寮を飛び出してひとり暮らしを始めたこともあり、インスタグラムのストーリーでは、自炊した料理や趣味で描いた油絵やペン画の写真を公開していますね。あれだけヒゲを生やしているということは、今春テレビ朝日系で放送されたドラマ『桜の塔』以降は仕事をしていないのでは」(前出・テレビ誌編集者)

インスタライブでの“ざわつく発言”

 岡田に新しい仕事が決まっているのか、所属事務所に問い合わせたが、期日までに返答はなかった。

 そんな中、12月10日深夜、岡田が突如インスタライブの配信を行った。

「ヒゲを生やしているのを知らなかったファンの中には、戸惑っている人もいましたね。職質された件を視聴者から聞かれ、“若くてヒゲが生えている男性は薬物を所持していることが多いそうで。3人の男性警官に囲まれました”と答えていました」(前出・ネットニュース編集者)

岡田健史のインスタグラムのストーリーは定期的にアップ。11月下旬に投稿された写真(上)でロン毛。

 ライブ配信の後半では、少々気になる発言も。

「ファンレターを送ったら返事は来るの? という視聴者からの質問に“お手紙や送っていただいたものは、今はいっさい受け取っていないです”と、事務所スタッフとコミュニケーションを取っていないと思われる発言をしていました」(同・ネットニュース編集者)

 本格的に活動を再開できるのは、契約が切れる再来年の春以降になりそうだ。